夏目イサク作品のエロについてひたすら考えた

※夏目イサクファンの方は不快に感じるかもしれませんので注意※



最初に言っておきますが、私、
夏目イサクさんのエロシーン大好きです。

程よい筋肉は眼福ですし、
イチャイチャの最高峰がエッチだと思うので
そういう意味ではとても満足しています。
表情も可愛くて好き!

でも、何故かエロは薄く感じてしまう…。

エロが薄い作家さんはたくさんいますけど、
初期の「ノー カラー」「ダッシュ!」などは別にして、
近年の夏目イサクさんの作品、
ちゃんとエロあると思うんですよ。


なのに私は何故薄いと感じてしまうのか?
と純粋に不思議で…。

というわけで、一介のイサクファンである私が
ひたすらエロについて考えた、という残念な記事です。
妄想の結果に耐えられそうな方だけ続きをお読みください。





私がエロを感じにくいのは、

・健康的で明るいキャラクター
・清潔感のある絵柄


この辺りが原因なのかな?と思っているんですが
これってどっちも夏目イサクさんの長所だと思うんです。

だから、ここは是非維持していて頂きたい。
その上でエロ増量なんてことになったら、
これはもうすごいことになるんじゃないかと…!


というわけで、夏目イサクさんのエロを
もう一度よく読んでみました。

作品によるけど、お尻弄りや手コキは普通にあるし、
最近の作品では乳首攻めだってフェラだってある。
たまに修正だって入っているぐらいにはちゃんとエロい。

でも、気付いたんです。

局所や結合部の描写は
ほぼカットインで描写されているのです。
抱き合ってる二人の姿のときは
アングルで見えないようになっていて、
その部分だけ別コマでカットインされているのです。

キャラの顔のあるコマで
その人のtnkが同時に
存在することはほぼない。


たまに攻めが受けのtnkを
手コキしてあげているところは
受けの顔も見えているのですけど、
tnkは攻めに握りこまれていて
ほぼ見えないのです。
(小さいの?)

カットインされているのは本当にその人のtnkなの?
スタントマンならぬスタントtnk疑惑?

まあ、それは冗談としてw
この手法は多くの作家さんが使われている手法で
上品さを維持しつつエロを描くのにとても有効だと思います。
ただ、明るく健康的な作風と相まってエロが薄まるのではないかと…。


あと思うのは、前戯がわりと短めかな?

だって、ファンブックに載っていた
「どうしようもないけれど」の番外編にじっくり前戯があって、
それがとてもエロかったんですよ…。
島野の表情がたまらない。
あっ、尾上のオナニーも好きでした!(←変態)



とか色々思っていたらですね!!
飴パラのドラマCDについていた
プチコミックスとやらが
何やらめっちゃエロいらしく…!
欲しいけど、プレミア価格ついてるじゃないの~!

ちらっと覗いたシェリプラスで連載中の飴パラも
とても表情がエロくて…なんかエロ増量してる…?

夏目イサクさんにエロ増量したら鬼に金棒じゃないですか?

今後の作品が非常に楽しみです。



ここまで読んで下さった方、ありがとうございます!
いつも拍手・コメントなどとてもうれしく思っています。
ポチっとしてもらえると喜びます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
        

COMMENT 0