【好きになっちゃうよ。】 未散ソノオ


好きになっちゃうよ。 (Charaコミックス)

【あらすじ】
声や性格、しゃべり方も全て自分がモデルの会話型人工知能――「DD」。開発したのは、大学生のユルこと万木だ。さらに会話機能を高めるため、AIの育成に精通する紳士・真中にDDを託すことに。「きみの声は素敵でかわいい…好きになっちゃうよ」こっそり育成中の会話を聞くユルだが、真中のDDに甘く語りかける言葉が、まるで自分を口説いているみたいに感じて、うっかりときめいてしまい!?



おすすめ度:★★★★★

試し読みはこちら↓


好きになっちゃうよ。【SS付き電子限定版】(eBookJapan)
好きになっちゃうよ。【SS付き電子限定版】(コミックシーモア)
好きになっちゃうよ。【SS付き電子限定版】(ひかりTVブック)
好きになっちゃうよ。 (Charaコミックス)(kindle)

電子同時配信です。
というかレンタ・シーモア・ebjは一日早く配信。
Kindle・ひかりは紙と同じ日に配信です。
何だこの微妙なタイムラグ…

電子限定SSは漫画4P。(ストア共通)
甘くて可愛かったです。


********

未散ソノオさんの新刊は50代受け!

AIの育成という設定が面白く、
キャラクターの会話のテンポも楽しく、
若い攻め×枯れた受けも魅力的で
とても楽しかったです!

大人の色香たっぷりの
枯れオヤジは最高です。

(※私は枯れ専)




~気になるtnk修正情報~

シーモアで読みました。
基本あまり描かないので修正いらず。



ざっくりした感想はこちら。


「AIを通じての交流が面白い」

「理想的な枯れ方」

「タイトルがまたうまい」


以下、ネタバレありの感想です。




「AIを通じての交流が面白い」

会話型人工知能「DD」を開発した万木(ユルくん)。
会話機能を高めるために真中に預けたのですが
真中のDDへの接し方が甘すぎて死亡。

基本DDを褒めて伸ばすのですが、
褒め方が甘~い!!
タッチする指先がエロ~い!!


その会話を聞いていたユルくんも思わず
『好きになっちゃうよ。』ってなもんです。
だってDDは自分を元に作ったものだから。

先生も相手がモノだからこそ
気楽に褒めまくれたんですよね。

DDの正体が分かった途端に
恥ずかしくなっちゃう先生が
可愛すぎました!


DDが育ってきて、ユルくんと
先生の取り合いになっててワロタww




「理想的な枯れ方」

私はただ老けてるのが好きなのではなく、
以下のような部分にグッとくるのです。

・知性と品格と色気
・経験からくる大人の余裕
・過去からくる悲哀


こういう、普段は余裕たっぷりな男が、
恋をしてゆるみを見せるのが好きなのです。

そうなると必然的にある程度の
年齢になってしまうというだけで…


で、真中先生はこの点すべてパーフェクト!

上品で知的な素敵枯れオヤジ
大好きー\(^o^)/


話し方が優しくて穏やかで
指先にまで色気があって素敵なんです…

『KOH-BOKU』の究さんも大好きだけど
あの人心臓悪いので、
エッチの時に死なないか心配で…
その点真中先生は健康で良かったw

いつも余裕な先生が動揺しまくる
エロシーンはとても良かったです( ◠‿◠ )。





「タイトルがまたうまい」

タイトルの『好きになっちゃうよ。』
最初から最後まで効いてます。

これ、てっきりユルくん視点の
セリフなんだと思ってたんですが
違うんですね。

まず『好きになっちゃうよ。』って
言ってたのは先生で(DDに)。

それを聞いていたユルくんが
『好きになっちゃうよ。』状態になり。

真中先生もユルくんの持つ
育ちの良い真っすぐさに絆されて行き。
(ユルくんも本当にいい子で可愛い…)

DDのベースはユル本人だと知り。

ラストに先生からの
『好きになっちゃうよ。』


この構成は上手い!タイトルが効いてる!

まさに感情の吐露と言う感じのセリフ
(@エロシーン)は悶えました!

「君みたいな子
 好きになっちゃうよ
 手放せないよ
 どうするんだ」



恋をするって、いいですね…。





私の超好みの受けだっただけじゃなく
攻めも精神的に健康で素直で
DDの育成がらみの話も面白くて、
楽しい作品でした!

いつもながらモブ&背景が適当ですが
今回はほとんど気にならなかったです。

慣れたというのも大きいけれど、
メイン人物は丁寧で魅力的でしたし、
モブじゃない脇キャラも魅力的でした。

佐伯先輩、いいですよね~。


丸々じっくり表題作なので
読み応えもありました!
50代受けに抵抗がなければ
是非読んでみて欲しい1冊です。




ところで、初エッチの一部始終を
DDに見聞きされてたのワロタ…

半永久的に削除できない記録ですねw




ここまで読んで下さってありがとうございました。
いつも応援ありがとうございます(^v^)
ポチっとしてもらえると喜びます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




■その他のおすすめ枯れオヤジ作品


DK×初老の年の差40くらいラブ。
(詳しい感想はこちら





色んな先生と出会えます。
(詳しい感想はこちら




犬も喰わない

犬も喰わない


オヤジ+オヤジ+若者の三角関係。
同時収録作品もいい感じに枯れてる。

(詳しい感想はこちら





表題作もさることながら
同時収録作品に素晴らしい枯れオヤジ。

(詳しい感想はこちら


関連記事
        

Tag:★5

COMMENT 8

NANA  2017, 03. 27 [Mon] 14:42

私も好きになっちゃうよ。

未散さん、今回も面白かったですね。
私、かなり好きでした、これ。
未散さんはコンプしてるけど、1、2を争うくらい好きな作品かも。

ユルくんも真中先生もDDも可愛い!!
AIがらみのストーリーも面白くて、一瞬ベイマックスみたいな展開を期待しちゃいましたw
佐伯所長、そこまで悪者じゃなかったですねw

>上品で知的な素敵枯れオヤジ

私も紳士なオヤジ大好きです。
真中先生、上品なのに可愛いし、DDはユルくんだってわかって、赤面しながの「こら」は萌えました!!

>その点真中先生は健康で良かったw

ホントそうw
私も究さんはタヒぬんじゃないかってエロ中心配で心配で。
今回はエロにも安心して萌えられましたw
DDに見られてたのは私も吹いたけどw

未散さんて、やっぱり会話のセンスが好きだなぁ。

Edit | Reply | 

ぴこぴこ  2017, 03. 27 [Mon] 15:34

相変わらず会話のテンポが素晴らしいですね!
ユルくんがたどり着いた衝撃の真実には、ほんと落ち着けとしか
言いようがないwww
かつてタイバニ二次をしていたときからそうでしたが、未散さんの
スパダリ気味年下×落ち目の可愛いおじさんカプにはハズレがありません。

雑に描いているように見えても、人物は骨が感じられるし、
「これ何描いてるんだろう?」というのも無いし、会話もコマ運びも
流れるようで、未散さんの漫画は本当に「漫画」だなと思わされます。
対象的に罫線はピシッとしてるのがいいですよね。
(二次をしていたときも、商業に移っても、背景やモブなんかの
書き方が一ミリも変わらないのが逆に安心感ww)

そろそろ長編も読んでみたいですね。

Edit | Reply | 

ハムコ  2017, 03. 27 [Mon] 15:41

>NANA様

NANAさん、こんにちは!

> 未散さんはコンプしてるけど、1、2を争うくらい好きな作品かも。

私もそうかも!二人とも好みなんですよね~。
KOH-BOKUもすごく好きなんですが
究さんのエロ違う意味で心臓止まりそうになるしw

> 佐伯所長、そこまで悪者じゃなかったですねw

あれは息子が出てきたからかもしれないですねー。
やっぱり息子にはあからさまに見せたくない的な…。

> 真中先生、上品なのに可愛いし、DDはユルくんだってわかって、赤面しながの「こら」は萌えました!!

ああいうところ見せるのがまたかわいいですよね!
そこでは余裕なくなっちゃうんだ~みたいな。

> DDに見られてたのは私も吹いたけどw

ほぼ永久に記録されるかと思うと辛いww

> 未散さんて、やっぱり会話のセンスが好きだなぁ。

ですよね。何でもないシーンもくすくす笑えて楽しいです。

コメントありがとうございました♪

Edit | Reply | 

ハムコ  2017, 03. 27 [Mon] 15:50

>ぴこぴこ様

ぴこぴこさん、こちらにもありがとうございます!

> ユルくんがたどり着いた衝撃の真実には、ほんと落ち着けとしか
> 言いようがないwww

知らない間に結婚してたwww

> かつてタイバニ二次をしていたときからそうでしたが、未散さんの
> スパダリ気味年下×落ち目の可愛いおじさんカプにはハズレがありません。

私二次全然知らないんですけど、有名な方だったんですね!
>
> 雑に描いているように見えても、人物は骨が感じられるし、
> 「これ何描いてるんだろう?」というのも無いし、

必要最低限で、描きたいもの・伝えたいものだけ描く!
って感じがしますね。
エロシーンはたまに何してるかわからないんですが
それもそういう風に描いてるんだそうですね。

> そろそろ長編も読んでみたいですね。

そういえば長編も続編もないんですよね。
読んでみたいです。

コメントありがとうございました♪

Edit | Reply | 

ぴこぴこ  2017, 03. 27 [Mon] 16:52

>私二次全然知らないんですけど、有名な方だったんですね!

コミケ会場まで出かけたこと無いので実際は不明ですが、
少なくともpixiv内タイバニカテでは最大手の一角という認識でした。
「みそ800」という名前で検索すればすぐ出てきます。

商業デビューのこと知らなかったけど、いきなり雑誌で見たとき
そのまんますぎて、名前変わってても間違えようがありませんでしたw
作風もそのまま、編集に余計な口出しされずに自由に
描きたいもの描かせてもらってる感じがして、商業に移って
良かったんじゃないかと思ってます。


向こうに書き忘れてたのでこっちに。
http://www.jp-guide.net/manner/sa/sekiji_sougi.html
席次はここが分かりやすいです。
出入り口(縁側)かあるほうが下座なので、彼らの家族や
親類縁者の式ではないのは確かかと。

Edit | Reply | 

ハムコ  2017, 03. 27 [Mon] 23:30

>ぴこぴこ様

ぴこぴこさん、またまたありがとうございます!

タイバニは(も)全然知らないので
二次が楽しめなくて残念です…
というか二次にハマると金銭的にきついので
出来るだけハマらないように生きてますw
(ハマったら楽しいのは知ってます)

作風変えずに上手に商業でお仕事出来てるのは
ファンにとってもうれしいですよね。
きっと制約もあるのでしょうに。

コメントありがとうございました♪

Edit | Reply | 

tea  2017, 04. 16 [Sun] 12:53

読みました!

ハムコさん

とても好きな作品でした!!
ハムコさんの感想にまるっと同意で、何も言うことないんですけど。
「好きになっちゃうよ」の連鎖が良いですよね!
それも、キメなんだけれどさりげなく言うの。すごく好き。
AI交えた三角関係、というのも、字面だけ見たら???
という感じなのですが、ヒューマンドラマですか、というほのぼので良かったです。
・・しかし、AIといえど口元のみしか視覚的に見えない相手が恋敵。というのは、初めて読みました。アンドロイドとか、他人工生命体っぽいものでも人間らしい形がたいていありますよね。
そして、精神的な恋愛なのかと思いきや、ちゃんとキスしてHまで持って行ってくれて、
・・恥じらう先生。いい!!!
AI対決の、他のAIの名前が「シャーロック」その前が「灰色の脳細胞(グレイ)」「デュパン」というの、探偵縛り??・・「グレイ」いいな!!(ポワロ好き!)
DDの由来は何でしょうね?(知ってたら教えてください<(_ _)>)

枯れオヤジの中では一番好きかも!!
・・こうして、良いオヤジBLに出会うたび、よしながさんが「何食べ~」企画したとき、BLはどこも受けつけてくれなくて。せめてどっちか20代って言われた、というの思い出します。
10年経って許容範囲広がったんですね。うれしい。
そして、よしながさん、今なら描けますよ!ってちょっと思いますw
(さいご話それてすみません<(_ _)>)

Edit | Reply | 

ハムコ  2017, 04. 16 [Sun] 20:03

>tea様

teaさん、こんばんは!

> 「好きになっちゃうよ」の連鎖が良いですよね!
> それも、キメなんだけれどさりげなく言うの。すごく好き。

ですよね~!そのセリフを見る度に
おっ!となってドキッとしちゃいます(*^^*)

> ・・しかし、AIといえど口元のみしか視覚的に見えない相手が恋敵。というのは、初めて読みました。アンドロイドとか、他人工生命体っぽいものでも人間らしい形がたいていありますよね。

ああ、そうかもしれませんねー。
姿がない分、嫌味がなくてよかったのかも。

> ・・恥じらう先生。いい!!!

うんうん、先生の恥じらいは色っぽくてよかったです。
かさついてるのに不思議と熱気があるエロ、好きです。

> DDの由来は何でしょうね?(知ってたら教えてください<(_ _)>)

多分「時空探偵DD」かな…?

> ・・こうして、良いオヤジBLに出会うたび、よしながさんが「何食べ~」企画したとき、BLはどこも受けつけてくれなくて。せめてどっちか20代って言われた、というの思い出します。

今だったら描かせてもらえたんだろうなって思うけど、
私、「何食べ」は一般紙で良かったと思います。
たま~に同人誌出していただけるだけで充分です。
何と言うか、一般紙とBL誌だと求められている部分が違って、
私が読みたいなと思う部分をBL誌だと減らされてしまいそうです。

でもよしながさんの新作BLを読んでみたいですね!

コメントありがとうございました♪

Edit | Reply |