【ましたの腐男子くん 3巻】 黒岩チハヤ


ましたの腐男子くん (3) (GUSH COMICS)

【あらすじ】
腐男子の幹と純情リーマンの曽我部は順調にお付き合い中。
「かっこいい攻」を目指して日々妄想の幹だが、
Hの時に曽我部の色気ですぐ達してしまっただけでなく「幹くん、かわいい」と言われてしまう。
目指す方向間違えてる…!? と五里霧中に陥った幹の前に曽我部の知人を名乗るエリートリーマン・四条が現れた!
ハイスペックで王道BLのオーラを漂わせた四条に、幹は「理想の攻」を見出すが―――!?



おすすめ度:★★★(3.5ぐらい)



『ましたの腐男子くん』3巻読みました。
今作は腐男子幹くんが
かっこいい攻めを目指して奮闘する話。

ましたの腐男子くん

…可愛かったです(*^^*)

エロはそんなに多くはないかな。
でもこのシリーズはそんな感じですね。



~気になるtnk修正情報~

紙で読みました。
シルエットタイプだったり、
手で隠れていたりして工夫されてます。
たまに白短冊。



ざっくりした感想はこちら。


「かっこいい攻めを目指す可愛い攻め」

「攻め視点からの受けが可憐」

「揺れちんはお預け」


以下、ネタバレありの感想です。




「かっこいい攻めを目指した可愛い攻め」

BLのかっこいい攻めを目指して頑張る幹くん。

正直ね…
かっこいい攻めを目指しちゃう時点で
もうかっこよくはなれない
気がしますが、
可愛い攻めだったのでOKですw

年下・学生のハンデは大きいですよね。

で、曽我部さん(受け)の先輩を
勝手に理想のかっこいい攻めとして
見本にするつもりが食われそうになるというww

かっこいい攻めどころか
可愛い受けになりかかってるwww


私はかっこいい攻めよりも
可愛い攻めが好きだけどなー。

とは思うものの、
最初から可愛い攻めを目指す男って
全然萌えられない気がする
ので、
今のまま頑張っててくださいw




「攻め視点からの受けが可憐」

3巻はほぼ攻め視点の話だったので、
攻め視点好きの私には楽しかったです!
幹視点から見た曽我部さんって可憐!

いつもニコニコしてるけど、
幹がピンチの時はちゃんと助けたり、
わがままを戸惑いながら(←これ重要)も
受け入れてあげたり。

控えめだけどしっかりしてるところが
まさに年上美人受けと言う感じ。


受け視点だとこういうところあまり
分からないんですよね~。
3巻で曽我部さんが好きになりました。





「揺れちんはお預け」

2巻から幹がずっと
揺れちんを見たいと言い続けてますねw

男って視覚的要素が必要って言いますもんねー。
前に男性向けエロゲやった時に、
エロシーンだけ動画でびっくりした思い出。
超・ゆさゆさしてたwww

女性向けのエロゲはそう言うのないもんなー、って
揺れるものがモザイクかかるものしかないからかw

まあそれはともかく、揺れちん云々よりも、
曽我部さんが恥じらいながら上に乗ったり、
幹くんの実況中継系言葉責め
の方が
私にはずっとエロかったですw

今回、アナほぐしが好きな方には
かなり好きなエロなのではないでしょうか?

ソフト言葉責めや恥じらいがツボで
なかなか私の好みのエロでした!
揺れちんよりもずっとw





本編でも幹くんが言ってましたけど、
この二人はお互いが大好きなのが
微笑ましくてほっこり読みました。

幹くんにエロいことを言われて、
曽我部さんが真っ赤になると、
それに幹くんが萌える。

の繰り返しが可愛いのです。

下ネタも含めてw癒し系のBLだと思います。



ところで、前作で出てきたホモフォビアの腐男子。
冒頭であっさり仲直りしていましたが、
四條さんに掘られればちょうどいいのにね!
なんて思いましたw




ここまで読んでくださってありがとうございました。
いつも応援ありがとうございます(*^^*)
ポチっとしてもらえると喜びます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
        

Tag:★4

COMMENT 0