【In These Words  1~3巻】 Guilt|Pleasure





↓Amazon限定カバーの3巻

【Amazon.co.jp限定】In These Words 3 限定カバーver. (ビーボーイコミックスデラックス)

【あらすじ】
精神科医の浅野克哉は、悪夢に悩まされていた。
――それは顔の見えない男に監禁され、犯され、「愛している」と囁かれつづける夢。
夢と現実との接点を持つ、連続殺人犯が現れたときいつしかその夢は現実との境を越える――
連続殺人犯に魅入られた精神科医の運命とは!?
アメリカ・アジアを中心にアメコミで活躍する咎井淳(Jo Chen)が官能BLに挑む!!



おすすめ度:★★★★

試し読みはこちら(出版社サイト)

電子書籍はこちら↓

In These Words<特別版>

In These Words<特別版>

In These Words<特別版>


In These Words<特別版>(eBookJapan)
In These Words<特別版>(コミックシーモア)
In These Words<特別版>(ひかりTVブック)

1巻の特別版は単行本未収録作「がんばれ柴田君!」を収録。

********

『このBLがやばい!2015』で16位の作品。
アメコミ作家の咎井淳さん作画、
ナルキッソスさん小説のチームで描かれた作品。
日本のBLとはかなり雰囲気が違います。

有名なのは知っていましたが、
怖そうでなかなか読めずに積んでいました。
(チキンハートですみません)

が、やっと3巻が出たということで
一気読みしました。

・・・・・・

3巻完結じゃなかった!

…と言うショックは置いておいて、
連続殺人犯と精神科医の対決が
本格的で面白かったです。


3巻で完結ではないですが、
ある程度気になる部分は明かされたかな?
と思うところまでは進んでいます。

基本的に殺人事件だけあって
流血沙汰がとても多いので、
血に強い方向けの作品ですね。




~気になるtnk修正情報~

紙で読みました。くっきりと白抜き。
目立ちますが、何をしてるかは分かる程度。

電子書籍版の説明を読むと
「単行本で修正された表現を、
できる限り原画に近づけて
電子書籍化しました。」

とのことなのですが…

もしかして電子ではtnk復活してるパターン?

<追記>
電子書籍の情報をいただきました!
レンタとシーモアはトーン仕立てのシルエットtnkで、
世界観壊さなくていい感じです。
(YUさん、えにしさんありがとうございます!)

おそらくストア共通なのでは。
別のストアの情報もお待ちしております。





ざっくりした感想はこちら。


「連続殺人犯と対峙する恐怖」

「篠原×浅野の恋愛が癒し」

「真犯人は恐ろしくて情けない」


以下、ネタバレありの感想です。




「連続殺人犯と対峙する恐怖」

浅野の悪夢に出てくる男と
今追っている事件の犯人は同一人物?

と、読者はみんな気づいているのに
その連続殺人犯と浅野が
密室で直接対峙する展開になっていきます。

危ない、怖いとハラハラ見守っていると
案の定大変な目に遭わされます。

味方が次々と殺されていくくだりは
懐かしの『かまいたちの夜』を思い出しちゃった…



夢の中でも現実でもエロはたくさんありますが、
やっぱり無理やりは痛そうで辛そうで、
正直、エロどころじゃないです。(痛がり)

切り付けられながら犯されて
痛みと恐怖で苦しんでるのに
締まるとか言って喜んでる犯人…

早く捕まえてギャフン(死語)と言わせたい。





「篠原×浅野の恋愛が癒し」

ず~っと殺伐とした話だったので、
2巻後半からの篠原×浅野の
馴れ初め話に癒されまくりました!

忘れてたけど、これはBLだった。

お堅そうな浅野が積極的なのは
意外で楽しいですよね~。
浅野のフェラテクに翻弄される
篠原の姿にニヤニヤしましたw


シャワーエロや玄関先エロもあり、
さりげなく彼シャツもありましたねw

受けが一枚上手なのが好きなので楽しいです。
二人はとても相性ピッタリに見えました。





「真犯人は恐ろしくて情けない」

3巻で、真犯人の姿がはっきりと見えてきます。

真犯人の幼稚さが恐ろしくて情けないです。

命乞いしてるのに簡単に殺された
被害者の話は読んでいてきつかった…

浅野もひどい目にあわされまくるので
見ていて辛いのは辛いんですが、

プライドが高く、
決して犯人に屈しないところが
ちょっと気持ちよかったです。


そしてそんな浅野だからこそ、
犯人にも執着されてしまうわけで。

しかし、さんざんいたぶっておきながら
浅野がいざ死にかかったら、
「ごめんよ」と泣き出す真犯人…


イケメン過ぎてほだされそうになりましたがw
いやいや、やったのお前だからな?
謝るぐらいなら最初からやるなよ!





3巻まで読み終えたところで、
時間軸はようやく1巻の初めに戻りました。

真犯人は分かりましたが、
ここからどうやって逮捕まで行くのか。

上手くいきかかっていた
篠原と浅野の恋愛はどうなるのか。

完結がとても楽しみです。

問題は4巻がいつ出るのかが
見当つかないという事…

(今は雑誌で連載はしていない)

いや、でも、こうやって無事に3巻も出ましたし!
きっと近々出るに違いないですよね!

…そう、信じています…




ところで、3巻はアニメイト限定版を買いました。

アニメイトInthese3

アニメイト限定小冊子は小説と資料集ですが、
通常の初回限定小冊子は漫画28Pと聞いて
そっちにすればよかったかな…と
ちょっぴり後悔。

でも、初回限定小冊子は多分電子化されるけど、
アニメイトの小冊子はなくなったら終わりだから
これで良かったんだ…と自分に言い聞かせてます。


<5/25追記>
初回限定小冊子付きが電子化されました!








ここまで読んで下さってありがとうございました。
いつも応援ありがとうございます(^v^)
ポチっとしてもらえると喜びます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

        

Tag:★4

COMMENT 4

レモネード  2017, 05. 03 [Wed] 05:57

こんにちは。
意外にもこの作品の感想書かれていなかったんですね…最近発売した『On doorstep』も海外の作家さんが描いたスリ×元警察官でこちらは血生臭くなかったですよ(ただしトラウマ的過去は除く←一瞬だけです)。描きおろしがけっこうエッチだったので良ければ感想とか読みたいです…!年上が年上らしいよいカプでした。

本作はサスペンス要素が好きで何度も読み返したのですが、
・浅野のプロファイリングと実際の犯人の生い立ちのズレ(経済面)
・犯人がずっと前から浅野を知っていたことと監禁のタイミング(直近の殺人の数日後だと思うのですが、報道発表〜監禁までが「ずっと」にしては短すぎないかな?と。発表前から浅野を知っていたのか?)
・犬の散歩ルートで浅野を監禁したなら、悲鳴の1つや2つ飼い主さんが聴いてないかな〜?今まで尻尾を掴ませなかった犯人がそんな場所を選ぶだろうか…?
・オーダーメイドスーツから足がつかないか?
・廃墟のような建物でシャツ一枚の浅野先生、雪も降ってるのに…寒そう。など。
ハムコさんはサスペンス要素で気になってる部分はありませんか?

雑誌掲載時、2巻のtnkを見たんですが、雑誌は修正少ないですね〜立派な息子でしたw

Edit | Reply | 

ハムコ  2017, 05. 03 [Wed] 08:07

>レモネード様

レモネードさん、こんにちは!

そうなんです、意外と有名な作品の感想を書いてませんw
読んだのもつい最近で…。
『On doorstep』も未読です。
年上が年上らしい…気になる。

まだ全然読み込めてないので
謎についてはあまり分かってないんですが…

> ・浅野のプロファイリングと実際の犯人の生い立ちのズレ(経済面)

20代後半~30代の学歴も収入も高い男、ですよね。
そんなにずれてたかな?犯人の生い立ちがよく分からない…

> 「ずっと」にしては短すぎないかな?と。

確かにこれは短いですよね~。
それとももっと前から知っていたのかな。
「出会ったときの君」っていつの事なんだろう。

> ・犬の散歩ルートで浅野を監禁したなら、悲鳴の1つや2つ飼い主さんが聴いてないかな〜?今まで尻尾を掴ませなかった犯人がそんな場所を選ぶだろうか…?
> ・オーダーメイドスーツから足がつかないか?

この辺りはバレてるんじゃないのですかね?
バレたくてしてることなんじゃないのかな?
3巻最後のあと1巻の最初につながるんですよね?

偽の犯人像を報道

拉致済みだった木瀬俊介ころされる

浅野拉致監禁6日間ののち脱出

(この辺りどのぐらいたったか分からない…)

1巻に戻る

かと思ったんですが。難しい/(^o^)\

> ・廃墟のような建物でシャツ一枚の浅野先生、雪も降ってるのに…寒そう。など。

確かにww暖房効いてなさそうww

> ハムコさんはサスペンス要素で気になってる部分はありませんか?

私はサスペンス部分と言うより、
1巻のみんなで浅野を騙してるやつが大仰すぎて
あんなに全力で騙しをやってくれるのすごいなって思いました。
浅野自身が考えたものなのですかねー。
(それっぽいこと言ってたような)

> 雑誌掲載時、2巻のtnkを見たんですが、雑誌は修正少ないですね〜立派な息子でしたw

世知辛い(;_;)あんなに白くしなくてもいいのに(;_;)

コメントありがとうございました♪

Edit | Reply | 

レモネード  2017, 05. 03 [Wed] 19:08

返信ありがとうございました!

・プロファイリングのズレ
2巻で浅野は「裕福な家庭」⇔1巻の浅野の夢の中の犯人「父親の女癖の悪さのせいで、父親の家はいいところだったけど、破産こそしないものの母も家名も財産もボロボロ」と言ってました。
・浅野監禁事件の雑さ
バレてもいい!なるほど…!確かに、今までは時間をかけてじっくり慎重にことを為してたのに、浅野に対しては性行為をしたり(体液が残るリスク)、服を用意したり(今までは刻んでたので…)、証拠の残りそうなことのオンパレードですからね…

時間経過について
・篠原と浅野の出会いー20ヶ月前(初日に浅野の性癖は匂わせてる)
・篠原×浅野ー15ヶ月前
・8ヶ月前ー浅野の提案による内容の記者発表
・木瀬俊介の遺体発見(監禁1〜2日)
・篠原の支払いから5日後、犯人はカフェで同席した浅野を監禁ー11月(1巻プロローグ参照)
・6日間の監禁の後、放置→雪の日に浅野発見&入院
・現在に至る こういう流れだと思います

手を出すまで5ヶ月かかるとは、ゴムの大量ストックがある割に篠原はヘタレですね(笑)慎重というべき…?

私も1巻の顔のない男〜2巻で浅野自身がこの茶番劇を提案したとわかるまで、緊張感があって、すごいシナリオだなと感心しました。流血は痛ましいので嫌なんですけどね(^_^;)

長々と失礼しました。

Edit | Reply | 

ハムコ  2017, 05. 09 [Tue] 21:53

>レモネード様

レモネードさん、お返事遅くなって申し訳ありません。

迷惑コメント欄に入ってしまってまして、気づくのが遅れました。
もうご覧になってないかも知れませんが、返信させていただきます。
NGワードがあると自動的に迷惑コメに入ってしまうのです…。
多分「性/癖」が引っかかったのかなと思います。
詳しくは↓に書いてあります。

http://hamucopp.blog.fc2.com/blog-entry-339.html

面倒なシステムのブログですみませんm(__)m

> ・プロファイリングのズレ
> 2巻で浅野は「裕福な家庭」⇔1巻の浅野の夢の中の犯人「父親の女癖の悪さのせいで、父親の家はいいところだったけど、破産こそしないものの母も家名も財産もボロボロ」と言ってました。

あー!1巻の夢の中かー!全然気づいてませんでした/(^o^)\

> 時間経過について

詳しくありがとうございます!

浅野が退院してから何があったのか気になりますね…

> 手を出すまで5ヶ月かかるとは、ゴムの大量ストックがある割に篠原はヘタレですね(笑)慎重というべき…?

ゴムをちゃんと用意してくれてる慎重さもいいと思います!

> 私も1巻の顔のない男〜2巻で浅野自身がこの茶番劇を提案したとわかるまで、緊張感があって、すごいシナリオだなと感心しました。流血は痛ましいので嫌なんですけどね(^_^;)

痛いのは嫌ですよね~。あそこまでよくなりきれたものだ…

コメントありがとうございました♪

Edit | Reply |