【YOUNG GOOD BOYFRIEND】 ダヨオ


【あらすじ】
ダーリン化する元生徒×幸せ絶頂すぎて悩むアラフォー教師
生徒×担任、“その後”の10年
言葉に言い尽くせないハッピーエンド。

高校教師の高津康作と、
元生徒の水沢譲。
お互い、ストーカーし合うほど
濃厚な恋心を持った2人は、
現在は恋人同士。
卒業式の後、生徒と先生では
なくなった彼らは一線を越え、
関係は少しずつ変化していった。
生意気な美少年だった水沢は
甘え上手のまっすぐなイケメン彼氏に。
対してヘタレ中年の高津は
“憧れ”の水沢と付き合う境遇に慣れず、
ハートは爆発しっぱなし。

そんな2人の10年に渡る
感動の年の差恋愛アルバム。

青春WストーカーBL[YOUNG BAD EDUCATION]
待望の続編!



おすすめ度:★★★★★

試し読みはこちら(出版社サイト)

7/7~電子書籍配信始まりました!

YOUNG GOOD BOYFRIEND

YOUNG GOOD BOYFRIEND




********


『YOUNG BAD EDUCATION』の続編です。
2年8カ月ぶりの新刊ですね!

軽く冒頭に説明されているので
こちらだけでも楽しめると思います。
馴れ初めを知りたい方は前作で!

高校生×高校教師の年の差カップルの
その後の10年間のダイジェスト。

幸せな後日談の塊!な一冊です。
辛いこと何にも起きない。


私はハッピーエンド後の後日談が
一番の大好物なので最高に楽しかったです。



~気になるtnk修正情報~

紙で読みました。
枠線程度のうっすら描写で修正は無し。




ざっくりした感想はこちら。


「悩み:幸せすぎて怖い」

「共に成長するエロ」

「いつまでも終わらない恋」


以下、ネタバレありの感想です。




「悩み:幸せすぎて怖い」

お互いストーカー気質の二人ですが
需要と供給がばっちり合っているので
二人の交際は順調そのもの。

水沢は程よくわがままで甘え上手で、
惜しみなく愛情表現してくれます。

先生が罪悪感感じないように
高校卒業まで我慢するのに
すごく愛を感じました。


「卒業式終わったらちんこさわるよ」

って言い方、どうかと思うけど大好きw

20歳も上で卑屈になりがちな先生も
ヘタレながら頑張って愛を伝えます。

お泊まりで家に行く前のコンビニでの買い物、
ウキウキを必死で隠す先生カワユス。


確かにああいうのめっちゃウキウキしたよなぁと
懐かしく思い出す私…(遠い昔すぎる)

二人とも相手の愛情に胡坐をかかずに
きちんと努力しているのが伝わるので、
温かい目で見守っていられます。


ほぼ波乱のない話なのですが、
強いて言うなら「幸せすぎて怖い」って
先生が思い悩むところかな。
超バカップルでしかないけれどw




「共に成長するエロ」

このお話は美少年・水沢が美青年へ
関係がステップアップしていき
ついには同棲にいたるなど、
二人の成長の物語でもあります。

それと同時にエロ的にも成長しますw

キスやハグ一つ一つにドキドキして
初エッチに心臓バクバクだったのに
いつの間にかびっちゃびちゃに。
こんなにエロくなるとは…!

初エッチまでのプロセスも大好きだけど、
付き合いの長いふたりのこなれたエロも大好き。

10年間の成長を色々な意味で楽しみましたw





「いつまでも終わらない恋」

とにかく全編通して言えるのは
「お互いが大好き」であふれてる。

ちょっとしたことでじわじわ
幸せ噛みしめるところが随所にあって
こちらも幸せになります。

特に水沢視点がすごく好き。
見た目は淡々としてるのに

楽しいうれしいって
叫びたくなるようなことはあるな

「365日一緒に
 いれたらいいよね
 ってことは思う」


などなど、思ってることは結構熱くて
すっご~~~くニヤニヤしました!

もちろん、それ以上に先生は
水沢にずっと恋し続けていて。

付き合ってからもどんどん
水沢に恋してしまっていて。

時計のプレゼントのシーン、
ちょっとジーンときちゃいました。
良かったねぇ…(しんみり)

このお話ってちょっと
シンデレラ願望が満たされるよなぁ、
なんて思いながら読み終えました。
(冴えない私に王子様が…的な)

最後は28歳×48歳(!)だけどね。





幸せなエピソード満載で楽しかったです!
とにかく糖度が高かった。

エロはサラッと描写なので、
苦手な方も読みやすい感じかと。

あ、受けがおじさんなのは賛否両論?
私的にはそこが最高なんですけどw

幸せ後日談がお好きな方にお勧めです。

二人の馴れ初めも楽しいので是非!





ところで、描き下ろしはどれも可愛かったけど
あとがきの35歳×55歳のイラストに漲った!
8/25発売のonBLUEのダヨオ特集で
それが読めたら嬉しいなぁ。




■全編幸せ後日談な作品


こめりさんのこれもとってもおすすめです。
(感想はこちら




ここまで読んでくださってありがとうございました。
いつも応援ありがとうございます(*^^*)
ポチっとしてもらえると喜びます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ








関連記事

BLも対象!ひかりTVブック30%オフクーポン(8/20まで)
        

Tag:★5

COMMENT 4

まほ  2017, 06. 30 [Fri] 12:12

お久しぶりです ハム子さん
息災ですか?
私はつつがなく過ごしてます

前作が思いの外良かったので
後日談も買いました

一つ一つのエピソードがとても可愛くて
胸が高鳴りました

また、何の変哲もないおっさんと
美少年っていう組み合わせがサイコー

でも、この設定がえろさに直結するような
下世話じゃないのがまたいいな

躊躇しつつ根性見せる先生と
俺様そうで、実はそうでもなくて
先生に寄りかからず対等であろうとする
水沢

こういうのすごく好きです
年下の可愛さをあえて使わない気概って
やつがいいです

大学の同級生へスパッと
「おっさんと付き合ってる」とカミングアウトした時
援 /交を疑われた時に口笛でも吹くように軽やかに
「好き~ 大好き~ちょー好き~」
のシーン
あの脱力した覚悟の決め方
ダヨオさんうまい!と感嘆でした

水沢に惚れます笑

名前の呼び方のシーンで
「水沢 先生って呼び方は出会った頃が
 はなれない呪いみたいだから」

「そういうとこ気持ち悪くて大好きだよ 先生」

こういった台詞のやりとりに心奪われました
二人の執着心はすごいのに、相互で等分だから
重く映らないんです
でも圧倒的なラブでした

先生の気持ち悪さ私もすきですww


ダヨオさんの描く二人の空気感や言葉は
柔らかいけどすごい熱量を感じる快いラブを描く人
だなと思いました

後日談だから終わってしまうのが寂しいけど、
あの一冊は先を想像し楽しくさせてくれるので
満足でした

Edit | Reply | 

ハムコ  2017, 06. 30 [Fri] 22:42

>まほ様

まほさん、お久しぶりです!
お元気そうで何よりです。
私も変わらず元気です(*^^*)

> また、何の変哲もないおっさんと
> 美少年っていう組み合わせがサイコー

そうなんですよね!夢のような話でもあり、
でも地に足がついた感じもあり。
そうそう、下世話じゃないですね。
単に奇をてらった感じじゃないんですよね。

> 年下の可愛さをあえて使わない気概って
> やつがいいです

あえて使わなくても可愛いんですし、
あざとくふるまわないのがまたいいですよね。

> 「好き~ 大好き~ちょー好き~」

この力の抜けた感じとってもいいですよね!

> 二人の執着心はすごいのに、相互で等分だから
> 重く映らないんです

これがどちらかに偏っていたら気持ち悪いですよね。
ホントぴったりな二人。
ぴったりであろうとしてるところも好き。

> 先生の気持ち悪さ私もすきですww

私はそんな先生を好きな水沢の
気持ち悪さが好きw

> あの一冊は先を想像し楽しくさせてくれるので

幸せなその先が想像できて私も幸せになりました。

コメントありがとうございました♪

Edit | Reply | 

NANA  2017, 07. 18 [Tue] 23:07

今年読んだ中でベスト3入るくらい好きでした

「YOUNG BAD~」の時も、ボーナストラックのラブラブぶりと、先生の知覚過敏に萌えたけどw
今回はもうずっと1冊丸々ラブラブな二人と、老眼な先生に萌えましたw

ダヨオさんがあとがきで「寝る前に読んで萌えたりハッピーな気持ちになってもらえるような1冊になれば」と書いてましたが、本当に萌えとハッピーしかない素敵な幸せ後日談エピの数々。
私も幸せ後日談大好物なので、本当に大好きな1冊になりました。
こめりさんのも大好きです。

先生の誕生日に時計をプレゼントするシーン、私も涙出ちゃいました。
最後の先生のモノローグ「君はいつまでも光」「いつまでも終わらない恋」が素敵過ぎて、出会った頃の水沢の笑顔が眩し過ぎて、また涙出ちゃいました。
私も年のせいか涙もろいですw

無理に背伸びをしないまっすぐな水沢と、無理に年上ぶらない先生が大好きでした。
願わくば、この二人の後日談をもう少し読みたいです。

Edit | Reply | 

ハムコ  2017, 07. 19 [Wed] 10:45

>NANA様

NANAさん、こんにちは!

私もこの作品大好きです~!
ハッピーな作品はやっぱりいいですよね…
後日談を読みたくて本編読む勢いなので、
こういう作品大好物なんです。

> 最後の先生のモノローグ「君はいつまでも光」「いつまでも終わらない恋」が素敵過ぎて、出会った頃の水沢の笑顔が眩し過ぎて、また涙出ちゃいました。

いつまでもこんな風に恋されてるのって憧れですよね。

> 願わくば、この二人の後日談をもう少し読みたいです。

あと一冊読みたいです…!

コメントありがとうございました♪

Edit | Reply |