【いろのあじ】 端丘


【あらすじ】
子だくさん母子家庭の長男のハジは、家計を支えるため売り専ボーイとなった。水商売に慣れないハジは面倒を見てくれる先輩のヤヨイに惹かれるが、店のマネージャー・キヨハルは彼らの関係を快く見ておらず……!? 一方、キヨハルは金持ちの常連客である遠藤をつなぎとめることに必死だった――…。



おすすめ度:★★★★★(4.5ぐらい)

試し読みはこちら


8/4~電子書籍配信始まりました。

いろのあじ

いろのあじ





*******


今密かに注目しているお気に入りの作家さんです。
感情の発露の表現がとても好き。

今回は淫乱が出てこないウリセンBLだそう。
(端丘さんのtwitterより)




同じ売り専バーのお話で丸々一冊です。
前半のカップルと後半のカップルの話は
繋がっています。



~気になるtnk修正情報~

紙で読みました。
シルエット程度であんまりはっきり
描かない感じです。



ざっくりした感想はこちら。


「感情の温度が感じられる」

「頼りなくてもお兄ちゃん」

「明るい執着×暗い執着」


以下、ネタバレありの感想です。




「感情の温度が感じられる」

お金に困って売り専ボーイになった主人公と
面倒を見てくれる先輩売り専ボーイのお話。

端丘さんの作品の好きなところは、
感情のアップダウンの表現なのですが、
この作品でもいかんなく発揮されていました。

さっきまで穏やかな展開だったのに
スーッと背筋が冷たくなる場面や、
逆に頬が熱くなるような場面。

その繰り返しが気持ちよくて読んでいます。

特にラブなシーンへ至るところは
汗が吹き出るような体温の急上昇に
こちらもすごくドキドキするんですよね~!


ヤヨイの公私混同に釘をさすキヨハルとの
背筋にヒヤっとくるやり取りのあと、
ピュアなハジの笑顔にじんわり温かくなります。

脅し半分でキスしたヤヨイに
欲情するハジの熱い目線は
こちらもじんわり汗をかいてきそうです。

ストーリー自体は定番な感じなのですが、
感情の温度を体感出来るのが面白いです。






「頼りなくてもお兄ちゃん」

最初は腹がくくれていないハジを
ヤヨイが助けてくれている関係でした。

実際、ハジはとっても頼りないし
プロ根性みたいなのはゼロw
(何もかも顔に出過ぎw)

ですが、実は不安定なのはヤヨイの方。
公私混同するのにハラハラしまくって
案の定キヨハルに怒られた時は
ほら~!!という気持ちになったぐらいですw

そもそも、頑張って仕事に慣れただけで
ヤヨイこそが弱い子だったんですよね。

簡単にハジにお金を貸そうとするので
こりゃほっといたらまた騙されて
すぐ借金作って逆戻りだな~
と心配…

が、心配ご無用。
仕事ではあんなに頼りないハジですが、
結構グイグイ男前に迫ってきます。

「うん ずっとはずっと
 一生さ」


「まかせて?
 俺、ヤヨイさんの事
 うんと可愛がる」


さすが5人兄弟の長男。包容力ある!
主導権がいつの間にか交代してる!

初回はヤヨイ×ハジだったので、
ここでリバるのか!?って思ったけど
あ、セックスは受け攻め変わらないのか…

ハジ攻め結構いいと思うけどな…

とにもかくにもハッピーエンド。
個人的には収入面が心配だけど、
二馬力だから何とかやって行けるでしょう。多分。





「明るい執着×暗い執着」

同時収録の『なれのはて』
表題作に出てきたお客の遠藤と
マネージャー・キヨハルの話です。
私はこちらの話の方が好きでした!

遠藤とキヨハルは元同級生で、
元お客と売り専ボーイで、
長い長い時間執着しあう関係なのです。

好きでたまらない相手と
お金を払ってするセックスの切なさ。

仕事としてのセックスなのに
本名を呼ばれ割り切れなくなる苦しさ。

両想いなのにもどかしい展開が続きます。

でも不思議とねちっこくならないのは、
遠藤の明るさかなーなんて思います。


執着に実りがないことを嘆きながら
「あ~~~でも キヨハル
 諦めらんないだよなーーっっ」

に思わずクスッと来てしまうw

やっとやっとキヨハルが折れた時の
幸せそうな笑顔に心からほっこりしました。

描き下ろしの超絶エロいのが
夢オチだったのだけが無念です。


キヨハル、たまにはあれぐらいデレて!

しかし、『なれのはて』を読んだ後、
あらためて『いろのあじ』を読むと
キヨハルの不憫さとヤヨイのダメさが
際立っちゃいますね…w





淫乱が出てこないウリセンときいたので
エロくないのかなーと思ったけど、
いやいや、結構エロかった。

ハジは売れないウリセンというか
全然売る段階に至らなかったというか…w
ここまで向いてないウリセンボーイ初めてw

ヤヨイも基本水商売向いてないよね…

一番プロ根性あったのがキヨハルで、
表情に出さない分、一番彼を応援したくなりました。

遠藤はとにかくお金はいっぱい持ってそうで
キヨハルの今後は心配してませんw
(ハジとヤヨイは危なっかしいw)


端丘さんの作品は恋してる感があって好き。
次回作は8月号からスタートみたいですね。
コミックス化が今から楽しみです。





ところで、帯に書いてあったこのセリフ。

いろのあじ

まさか受けのセリフだとは。




■おすすめ端丘作品


主人公の情緒不安定さが癖になる一冊。
(感想はこちら



ここまで読んで下さってありがとうございました。
いつも応援ありがとうございます(^v^)
ポチっとしてもらえると喜びます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
        

Tag:★5

COMMENT 2

tea  2017, 07. 09 [Sun] 06:58

読みました!

ハムコさん

ハムコさんブログで端丘さんを知って、、以下略。そんなのばっかり。いつもありがとうございます!
楽しみにしていた新刊です。
1冊2CPですが、同じ現場?のお話しなので、丸々一冊と同じような満足感がありました。
しかし、端丘さんがウリセン??と一抹の不安もありましたが、端丘さんらしさの中で、、で良かったです。(ドロドロねっちょりしはじめたらどうしよう、と要らぬ心配してましたw)
最初のふたり。わちゃわちゃ男兄弟いるの、「妄想くん~」のスピンオフのお兄ちゃんのところもでしたね~。
ハジくん、逃げ切れるのかハラハラしてました。キヨハルさん容赦ないし。
くるくる表情の変わる若いふたり、かわいいです。
リバ、、ありかな。・・ありかもーーー(≧∇≦)いいですね!!
・・そしてハムコさんの二馬力に笑いましたww
なれのはて・・こっちが後に来てるの反則♡すき。そして、いろのあじ、読み返しました。
執着の両片思いですよね。
どっちもどっち、いいカップルです!!
そして空回りでなく、悪知恵働かせて思いまくっているの、、何年越しだ??
と。でも、透明感あってドロドロしないの端丘さんですよね。
こちらはお金の心配なさそうです。
・・描き下ろしは、、「キヨハルがしらばっくれて現実、が正解」と、Twitter企画の先生からコメントもらいました。あれ、現実らしいですよ!!!!!
知った瞬間、鼻血でるんじゃないか。って勢いで萌え悶えました。
現実ですよ!!



Edit | Reply | 

ハムコ  2017, 07. 09 [Sun] 07:35

>tea様

teaさん、こちらにもありがとうございます!

私もウリセンとかビッチとかあんまり…なので
ちょっと不安でしたが、さすがの端丘さんでしたねー。

> 最初のふたり。わちゃわちゃ男兄弟いるの、「妄想くん~」のスピンオフのお兄ちゃんのところもでしたね~。

兄弟多いのお好きなのかな~。可愛いですよね!
最初のお話ではキヨハルは悪者というか
ひたすら怖かったんですけどw
その後の「なれのはて」でキターーーーって感じでしたw

「いろのあじ」リバいいですよね?
って思ったけど、あれかな、ヤヨイは
ウリセンボーイのせいで受けに抵抗あるのかな…
それなら仕方ないのかなー。
でもハジの童/貞捨てさせてあげて欲しいYO!

二馬力笑いましたかw
どんな時もキャラの生活面を心配してしまう私w

> ・・描き下ろしは、、「キヨハルがしらばっくれて現実、が正解」と、Twitter企画の先生からコメントもらいました。あれ、現実らしいですよ!!!!!

まーじーでーすーかー!!!!
それは素晴らしいじゃないですかーー!
キヨハルには遠藤ともども騙されましたw

コメントありがとうございました♪

Edit | Reply |