【少年の境界 1巻】 akabeko


【あらすじ】
俺がオメガのはずがない―――

自分の一生を左右する性別検査。
男女とは別に存在するα・β・Ω性は、
そのまま社会的地位をも分ける。

性別検査を受検したゆかは、
仲間内で自分だけがΩだという事実を突き付けられた。
クラスでの孤立、αである友人の大我を恐れ、
Ω性であることをひた隠しにするゆか。

しかし保健室に駆け込んできた幼なじみである薫の様子を見て、
大人しく地味な彼が自分と同じΩ性だと気付き――?



おすすめ度:★★★★

試し読みはこちら↓


少年の境界 (1)【電子限定かきおろしマンガ付】(eBookJapan)
少年の境界 1【電子限定かきおろしマンガ付】(コミックシーモア)
少年の境界 1【電子限定かきおろしマンガ付】(ひかりTVブック)

電子限定かきおろしは漫画4P。


**********


ビーボーイオメガバースコミックスの看板作品。
見るからに痛々しそうで迷ったんですが、
(※私は打たれ弱い)
akabekoさんの前作が面白かったので買いました。

リアルすぎてつらいけど、
確かに看板作品だけあって面白い。


不憫萌えな方にはたまらない一冊かと。




~気になるtnk修正情報~

シーモアで読みました。
基本白抜きだけどたまに枠線残ってる。


※紙&他のストアの修正情報募集中※




ざっくりした感想はこちら。


「あとから判明する方がキツい」

「差別がリアルすぎて辛い」

「恋愛感情VS運命の番」


以下、ネタバレありの感想です。




「あとから判明する方がキツい」

リブレのオメガバースはふゅーじょんと違って
第2の性を思春期ぐらいに検査する方式。
これ、逆にキツいですね。

それまでは普通に友達だったのに
オメガだと分かったとたんに
急に蔑みの対象になるんですよ。悪夢!

…でも、これ、主人公がベータかアルファなら
確実に同じことをやってたんですよね。

調子乗ってた主人公だから余計に
突き落とされた感があります。

ふゅーじょんでもあった抑制剤は
あまり効かないし、副作用きついし、
フェロモンは広範囲へ広がるしで、

オメガって辛い。なりたくない。
という気持ちでいっぱいになりました。





「差別がリアルすぎて辛い」

第2の性以外は現実に近い世界観なので、
より差別がリアルで辛いです。

差別することがナチュラルすぎて。
クラスメイトも急に差別的な態度になるし、
誰もそれを悪いと思ってないのが怖い。

αの薫が発情を抑える薬を
もらいに行った時の先生の対応が
一番ぞーっとしました。

優し気にこういいます。
αの発情は抑える必要はない、
番が見つかるのはΩにとっても幸せな事。


嬉しそうに自分も番を見つけたαだと
いう先生は「とても幸せ」だそうですが
それ全部α目線の話やないか~い!

先生の過去回想もちらっとあるけど
捨てていった恋人に全然悪いと
思ってない感じが怖いよ!!!

(むしろいいことした的な…)

この感じ、門地かおりさんの
『告白の言葉のない国』を思い出しました。
差別をすることがナチュラルすぎて
Ωを対等だとは思ってないんですよね。


その話、一度Ω視点から聞きたいわ。




「恋愛感情VS運命の番」

かつての友達に襲われる展開が
絶望的でした。
まさにリンカンモノAV。

「俺は身体に従うしかない
 自衛しなきゃいけないのは
 Ωなんだから」


「これは合法レイプだろ?」

合法のレイプなんかあるか!!!(怒)

ゆかにずっと恋してきた薫(α)が
追い詰められてゆかを番にします。
確かにそれが一番マシなんだけど、
好きな人を公開レイプとか辛すぎ…

辛いは辛いけど、
まあ収まるところに収まったかな、
と思ったところで、「運命の番」問題。
息つく暇もない…!

気づかないうちに「運命の番」を逃した大我。
あとの一人の「運命の番」って誰?

気になったところで2巻へ続きます。





辛い展開が連続で苦しかったですが
面白いかと問われれば面白かったです。

好きなのかと問われれば…
私はもっと平和な話が好きですw
(打たれ弱い)

しかし、描き下ろしの大我の話が
あるかないかで面白さが全然違いますね!

自分のやったことの報いでもあるけど、
不思議と可哀想な気持ちになってしまった…

このつくりはうまいですよね!

友達も調子に乗っちゃったけど、
一応人の心が残ってたんだ…もう遅いけど!

これをどう丸く収めるつもりなのか、
(収まらないのかもしれないけど)
2018年の秋頃発売の2巻を待ちたいと思います。




ところで、αの保健室の先生。
女同士カップルみたいだけど
あの優しげな先生にtnk生えてるってことよね。

優しそうで夜は豹変なんて、
男だったら萌えられそうなキャラだけど
百合で心から残念だ…




ここまで読んでくださってありがとうございました。
いつも応援ありがとうございます(*^^*)
ポチっとしてもらえると喜びます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
        

Tag:★4

COMMENT 4

うら  2017, 07. 15 [Sat] 10:31

怖くて読めない…

akabekoさん、大好きなので読みたいんですが、表紙とあらすじの時点で挫けてしまってまだ読めてません…。
もう、来年の2巻を待って読もうかと思いつつも必ず2巻で収まるわけでも無い気がして迷い中です。
なので読めたハムコさん偉いです〜。
ちなみにakabekoさんので1番好きなのは単話配信ですが「タケトコタトアオト」です。コタ可愛いです!

Edit | Reply | 

ハムコ  2017, 07. 16 [Sun] 05:37

>うら様

うらさん、おはようございます!

確かに痛々しいんですけど、面白かったです。
続き物は手を出すのに勇気が要りますよね~。

> ちなみにakabekoさんので1番好きなのは単話配信ですが「タケトコタトアオト」です。コタ可愛いです!

これは読んだことないです。単話配信まで手が回らなくて。
早く一冊にまとまらないかな~。

コメントありがとうございました♪

Edit | Reply | 

akabane  2017, 08. 18 [Fri] 01:03

続きが気になりますね

「告白の言葉のない国」、わたしも好きでずっと持ってます。
「少年の境界」は自分史上初のオメガバース作品だったんですが、面白かったですね。
(「ANIMAL X」シリーズを愛読していたので、まあいけるっしょ的なノリで手を出しました…)
おなごは主人公が不憫な目に遭うのを読むのが大好きなのだなぁ〜
そこは少女まんがの系譜ですね。

ゆかの後ろ姿の切ないことといったらなかったです…
「孤独」というか「alone(切り離された)」っていうのが伝わります。
個人的にはまだ薫派でも大我派でもないので、これからどう転がるのか楽しみです。
akabekoさんならあそこから大我を巻き返してくるかもしれないですしね…
お気に入りはゆかが検査結果をみたコマと大我が運命を逃したことに気づいたコマです。
二人とも「Ωだけはいやだ」「運命には憧れる」からのあれですから…突き落としかた絶妙。

Edit | Reply | 

ハムコ  2017, 08. 19 [Sat] 07:18

>akabane様

akabaneさん、はじめまして。

> 「告白の言葉のない国」、わたしも好きでずっと持ってます。

いい作品ですよね!絶版なのが惜しまれます。
私まだ「ANIMAL X」買ったまま積んでますw読まなくては。

> おなごは主人公が不憫な目に遭うのを読むのが大好きなのだなぁ〜
> そこは少女まんがの系譜ですね。

確かに不憫な目に遭う主人公が立ち上がっていくのが好きですね。
これからそうなっていってほしいです。

> akabekoさんならあそこから大我を巻き返してくるかもしれないですしね…

ええ~~~あそこから??
でも考えてみたら、ゆかって薫に恋してるわけでもないですよね…
ああなったら薫に身を任せるしかない的な流れだったし…

> お気に入りはゆかが検査結果をみたコマと大我が運命を逃したことに気づいたコマです。
> 二人とも「Ωだけはいやだ」「運命には憧れる」からのあれですから…突き落としかた絶妙。

「突き落としかた絶妙」という言葉がぴったりで絶妙ですね!

コメントありがとうございました♪

Edit | Reply |