非BL 【弟の夫 4巻】 田亀源五郎


【あらすじ】
パパ・弥一の双子の弟の夫・マイクが家に来てから、夏菜の毎日は驚きや発見でいっぱい。でも、そんな楽しい時間にも終わりが近づいていた。「絶対また会えるよね?」 そう問いかける夏菜に、マイクは日本へ来た理由を明かし…。 ゲイアートの巨匠・田亀源五郎、初の一般誌連載作品にして、第19回文化庁メディア芸術祭 マンガ部門 優秀賞 受賞作。各メディアでも絶賛され話題を呼んだ、感動の家族の物語――ついに完結。



おすすめ度:★★★★★

試し読みはこちら↓

弟の夫 4

弟の夫 4


弟の夫 (4)(eBookJapan)
弟の夫 4巻 (コミックシーモア)
弟の夫 4(ひかりTVブック)


弟の夫 1

弟の夫 1


Renta!で今1巻が無料で読めます!(7/25まで)
eBookJapanコミックシーモアは7/20まで1巻半額です。

********

『弟の夫』完結しました!
この作品を読めてよかったと
素直に思いました。


やっと弟の顔が見られたのが嬉しかった!




ざっくりした感想はこちら。


「差別意識との水面下の戦い」

「涼二の姿をやっと見られた!」

「さよならのハグにホロリ」


以下、ネタバレありの感想です。




「差別意識との水面下の戦い」

3巻で気になっていた先生との対決。
先生の差別意識がチラ見えして
弥一と一緒にムカムカしていたんですが、
さすが、弥一は大人の対応でした。

一呼吸おいて冷静になり、
言うべきことはビシッと言う。


「弟の配偶者で夏菜の叔父」
堂々と答えるなんて
1巻では考えられない進歩です。

「いじめられる子じゃなくて
 いじめる子に注意をしてほしい」

と言う言葉には拍手をしたくなりました。

先生の態度に憤るけども、
それは弥一自身も少し前まで
持っていた差別意識。

夏菜をはじめとする子供たちの
素直な言葉がすとんと胸に入ってきます。

前巻までの不穏な空気に
夏菜ちゃんが差別を目の当たりにして
泣いてしまうような展開になるのかと
ハラハラしていたんですが、
穏便に終わったのはすごくホッとしました。




「涼二の姿をやっと見られた!」

そうそう、この巻ではようやく
涼二の顔が見られました!
弥一にそっくり~!(双子)

すごく幸せそうなだけに泣けるんですよね…
会える時に会っておけばと悔やんでしまう。

確かに顔は写真で見れたんだけど、
回想ではやっぱり後ろを向いていて、
動いて話す涼二の顔はでてこないのです。

これがもう会えないという演出なのかな…と思いました。

マッチョな双子が並んでいるところを見たかった!
+マイクで画面が暑苦しくなっただろうけどw





「さよならのハグにホロリ」

マイクは弥一と本当の意味で
打ち解られたと思ったとたんに
カナダへ帰ってしまうので、
正直めちゃくちゃ寂しかったです。

夏菜ちゃんが涙を見せずに笑顔で
覚えたての「シーユーアゲイン」を言うのが
健気で逆に泣かされます。
案の定マイクは大泣きしたらしいw

最後のお別れの時に、弥一から
さよならのハグを申し出たシーン。
その時の弥一の穏やかな表情に
とても感動してしまいました。

だって、1巻の弥一、すっごく冷たくて
とげとげしかったんですよ!
さすがに口には出さなかったけど
心の中で「放せホモ!」って言ってたからね。

マイクの今回の旅の目的は、
「涼二の家族と家族になること」
それは確かに達成できたんだな…と
ホロリときてしまいました。







少し寂しいけど、いい終わりでした。

すっきり終わっていて作品としては
長さもちょうどいいと思うのですが、
なんだか名残惜しかったです。

物語の良さだけではなく
作品のクオリティーにも感動しました。

何もかもが過不足なくすっきりした
作品なのですよね。


『弟の夫』というタイトルも、
必要な情報がきっちり入っていながら
こんなにすっきりコンパクト。

過度にお涙頂戴することもなく、
揉めて過酷な状況になるでもなく、
リアクションも淡々としていて、
でもしっかり感情は伝わってきます。

最近、説明過多な作品が多い中、
これはすごいことですよね。

あ、筋肉と毛は若干過多でしたがw

番外編で弥一と夏菜が
カナダへ旅行する話とか読んでみたいです。
ちょっと大きくなった夏菜ちゃんも
見てみたいですし。



ところで、夏菜の友達のユキちゃんは
未来の腐女子かもしれないなー、なんてw





■既刊の感想
非BL 【弟の夫 1巻】 田亀源五郎
非BL 【弟の夫 2巻】 田亀源五郎
非BL 【弟の夫 3巻】 田亀源五郎






ここまで読んでくださってありがとうございました。
いつも応援ありがとうございます(*^^*)
ポチっとしてもらえると喜びます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
        

Tag:★5

COMMENT 2

NANA  2017, 07. 19 [Wed] 13:01

連日のコメントすみません

私もこの作品好きです。
私自身も弥一と一緒に、無意識の差別をしている自分に気付かされたりしました。
そういうのを押し付けがましくなく、純粋な夏菜ちゃん目線を通して見せてくれたりするところがよかったです。

私もシーユーアゲインと、さよならのハグにはジーンとしました。
あと、お墓参りのシーン。
それから、絶対の約束はできなくなったって話すシーンは切なかったな…。

>番外編で弥一と夏菜が
カナダへ旅行する話とか読んでみたいです。

読みたい読みたい!!
実は涼二のお墓参りにカナダへ行く話、描き下ろしで入ってないかな?って最後まで期待してたけど、なかったw

>ところで、夏菜の友達のユキちゃんは
未来の腐女子かもしれないなー、なんてw

「ニューヨーク・ニューヨーク」とか貸してあげたいw
小3でロミジュリ読んで愛し合う者同士の結婚に思いを馳せるなんて、たしかにおませさんだし、腐の才能あるかもw

Edit | Reply | 

ハムコ  2017, 07. 19 [Wed] 19:39

>NANA様

NANAさん、こんばんは!
コメントたくさん下さって嬉しいです(*^^*)

> 私自身も弥一と一緒に、無意識の差別をしている自分に気付かされたりしました。

差別しないつもりでいても、自分を基準に考えてるみたいで
フラットに考えるのは難しいな~と思います。

> あと、お墓参りのシーン。

涼二に話しかけてるシーン、弥一がちょっと泣いてましたよね、多分。
それをはっきり見せないところも好きでしたね~。

> それから、絶対の約束はできなくなったって話すシーンは切なかったな…。

結婚してすぐに病気が分かったんでしょうかね…。

> 読みたい読みたい!!
> 実は涼二のお墓参りにカナダへ行く話、描き下ろしで入ってないかな?って最後まで期待してたけど、なかったw

ねー!あと1冊ぐらいかけそうな気がしますよね~。

> 「ニューヨーク・ニューヨーク」とか貸してあげたいw

きっと気に入って読むと思いますw
やおいを読んでいなかった私も読んでいましたもの。
すぐには腐らなくても大人になったら腐るかも…w

コメントありがとうございました♪

Edit | Reply |