【おとなのなつやすみ】 春巻トキコ

おとなのなつやすみ (GUSH COMICS)

おとなのなつやすみ (GUSH COMICS)

  • 作者:春巻トキコ
  • 出版社:海王社
  • 発売日: 2017-07-10

【あらすじ】
その夏、俺たちは出会った。
お互いに知っているのは名前だけ。
管理栄養士として勤めていた小学校で食中毒事件を起こしてしまった水沢と、
目の前で親友が滑落事故に遭い死んでしまった登山家の勅使河原。
お互いの過去は一切話さず、詮索もせず、心の傷を癒すために共に暮らし、求めあう優しい時間が過ぎていく。
そんなある日、勅使河原の知人がまた山に登らないかと訪ねてきて―――?



おすすめ度:★★★★★



感想を書きそびれていましたが、
春巻トキコさんの新刊も読んでました。

おとなのなつやすみ

大人二人が身を寄せ合うように暮らした
短いモラトリアル期間のお話。
派手なお話ではないんですが、
じんわり胸に来ました。


あと、男らしい肉体同士のエロも好きですw
汁だく過ぎなくて読みやすいかと。

ほぼ丸々一冊表題作で、
一つだけ短い短編も収録されています。
そちらも面白かったです。




~気になるtnk修正情報~

紙で読みました。
はっきり描かないタイプで
基本修正なしでたまに白線修正。



ざっくりした感想はこちら。


「やさしいモラトリアム期間」

「肉感的なのに上品なエロ」

「紆余曲折あったからラストが沁みる」


以下、ネタバレありの感想です。




「やさしいモラトリアム期間」

やりがいのあった好きな仕事を失った水沢。
今は空き家になっている亡き祖父母の家に
住みついていた訳ありの男・勅使河原と
しばらく一緒に暮らすことになります。

お互い名前しか知らず、
自分のことも話さず、詮索もせず。
思いがけず気が合って、たまたまゲイ同士で。

ただただ楽しくて幸せな
「おとなのなつやすみ」。


ふたりの暮らしがうまくいけばいくほど、
このままじゃいられないんだろうなという
うっすらと不安が付きまといます。


このわずかに胸が痛む感じが好きなんですよね。

二人とも大人なので、言葉にしないことを
そっと察してる感がいいのです。
こういう大人の恋愛、好きだなー。

自分もまだ立ち直っていないのに
自らモラトリアムの終わりを告げて
勅使河原の背中を押す水沢が良かった!
男前で健気でいい男なんですよね。





「肉感的なのに上品なエロ」

二人のエロがまたいいんですよ!
双方ゲイなので話が早い。

登山家・勅使河原のマッチョな身体と
普通体形でしっかり大人な水沢の身体。
どちらも肉感的でいいです。

マッチョはそんなに好きじゃないけど
こういう理由のあるマッチョはOKです。

※理由のないマッチョ…運動してなさそうなのにムキムキ

特にお尻!
ちゃんと男のお尻で良し!
NO MORE 桃尻!


…身体のことばっかり書きましたが、
エロの内容はそんなに過激ではなく
局部描写もほとんどなく、汁も少なく、
上品な感じだと思います。

官能的というよりは、
言葉にならないものを伝えるような
感情表現としてのエロかな。


大人の恋には肉体関係ありき派なので
そういう意味で萌えるエロシーンでした。





「紆余曲折あったからラストが沁みる」

仕事が大好きで一生懸命な水沢は
好感度が高くて応援したくなります。

が、前職で起こした問題が尾を引き、
なかなか次の仕事が見つからない…。
ここがご都合主義じゃないところが
リアルで身に沁みます。


一足先に立ち直った勅使河原が
「少しわかるよ」「俺待ってるよ」
と言ってくれるから、

「おめでとうがんばれ」「俺もがんばる」と素直に水沢も言えるんですよね。

恋愛に至るまでに、まず男として
自分て立てるようになってから。

この二人の関係がすごくいいなって思いました。

終盤の甘さがね、また良かったんです。
いいラストシーンでした!



最後に入ってた短編の感想もちょこっと。

■3番線に電車がまいります
同じホームで人間観察をしていた二人が
ひょんなことで知り合って仲良くなる話。
短いけど綺麗にまとまってて面白かった!

年下攻めの若さと年上受けの陰と色気、
恋の予感を感じさせる終わりがよかったです。
エロはないけど、ページ数的にちょうどいい感じ。




タイトル「おとなのなつやすみ」がしっくりくる
いいお話でした。

やっぱり、大人の恋愛っていいですね!
若い子がワーワーギャーギャー言ってるのとは
色気が違うと思うのです。

(そういう若さが楽しい時もあるけども)

そして、双方が最初からゲイだとか
片方が最初からゲイとか
身近にゲイがいるので抵抗がないとか
そういう設定があった方が飲み込みやすいなあと
改めて思いました。




ところで、勅使河原のTシャツが
地味にいちいち変で気になりましたw

「一番」「冷奴」「マヨネーズ」は
まあギリギリいいとしても、
「ホコリ」ってなんなの??


すみっコぐらし てのりぬいぐるみ ほこり

せめていいものを書いたらいいのになw
ホコリ、汚いじゃないか…
あ、もしかしてプライドの方の「ホコリ」?





■その他のおすすめ春巻トキコ作品

恋の重さは何グラム?

恋の重さは何グラム?


(詳しい感想はこちら
攻め×攻めのマウント争い。
ゆめちゃんいいわー。男らしいわー。






ここまで読んでくださってありがとうございました。
いつも応援ありがとうございます(*^^*)
ポチっとしてもらえると喜びます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
        

Tag:★5

COMMENT 0