【CANIS THE SPEAKER #2】 ZAKK

CANIS THE SPEAKER #2 (EDGE COMIX)

CANIS THE SPEAKER #2 (EDGE COMIX)

  • 作者:ZAKK
  • 出版社:茜新社
  • 発売日: 2017-07-28

【あらすじ】
孤児院からノブが連れ去られ、また、
自身らも別の学校に進学させられることとなったハルとサム。
周りのすべてが信じられないまま成長し、どうにか再会を果たした二人は、
ノブを取り戻すため“孤児院のヒミツ"を探るようになる。
そんなハルとサムの前に現れたのは―――……



おすすめ度:★★★★

9/19~電子配信始まりました!(レンタ先行配信)




*******


遅ればせながら2巻の感想を。
やっと三人が再会します!

2巻は全員どんどん大人になるので
大人が好きな私は楽しかったです。




~気になるtnk修正情報~

紙で読みました。
描かないタイプのエロ。




ざっくりした感想はこちら。


「いい感じに育ってきた」

「崇高な3P」

「逆襲がいよいよ始まる」


以下、ネタバレありの感想です。




「いい感じに育ってきた」

バラバラにさせられてしまった三人が
個々に努力して力をつけていき、
再び集結する2巻。

う~ん、いい男になってきたね!
(アイドルの成長を見守るドルオタの気持ち)

ZAKKさんのすごいところはその画力。
漫画絵で人種の描き分けが出来てるのがすごい。
単に髪や瞳の色を変えているのとは一味違います。


タイプの真逆な白人二人とアジア人、
三人とも違うタイプのいい男。
特にノブは好きな感じに育ってきた!

もうちょい行くと『Dear Hatter』で出てきた
ちょっと老けた岩城になるのね…
私は今ぐらいが一番好きかもしれない…
(オヤジ好きにあるまじきこと)





「崇高な3P」

シスター・メアリーの陰謀により
三人のうちアジア人のノブだけが
人身売買組織に売られていました。

身も心も傷を負ったノブを
丸ごと受け止めるために取った行動は
まさかの3P。

一瞬もためらうことなくスタートした事に
私がややためらったw


ですが、この3P、儀式的な意味合いが強く
エロいというよりも
崇高な感じすらしたのです。


三人ならすべてをさらけ出せる、
すべてを受け入れられることの象徴。

ノブと再会してようやく
安眠できるようになったサム。

助けられる側だったノブが
サムの姿を見て助けたくなったのでは
ないかなぁ、なんて思ってます。

まあ、すごくまじめな話をしてみたけど
私の脳内は3P組み合わせ会議が勃発ww

ハル→ノブ←サム?
それともハル→ノブ→サム?
いやいや、ノブ←ハル→サム?


※ハル総攻めだけは譲れない





「逆襲がいよいよ始まる」

いやいや、3Pは全然本題ではなくて
このお話は極悪孤児院をぶっ潰す話でしたねw

シスター・メアリー達の思惑が
少しずつ見えてきました。

根底には強烈な白人至上主義が
あるのではないかと思うのです。


孤児達に充分な環境を与えるためには
もっともっとお金が必要だから、
必要悪と考えてアジア人の子供を
人身売買してるのでは。


要はアジア人は人だと思っていないんだろうな…

白人の孤児達にとっては、
ここまで教育や環境を整えてくれる
シスター・メアリーは女神様なのでしょうね。

確かに、私利私欲に使っているわけじゃない。
でも、アジア人にとってはたまったものじゃない!

これから逆襲が始まると思うけど
メアリー・ロスの末路はどうなるのでしょうね。

私をスカっとさせてくれるラストなのか
モヤっとさせられてしまうのか…
楽しみなような怖いような。




BLっぽくはないけど、面白かったです。
3Pが唯一のエロシーンですね。
エロくはないけど…

エロを求める方には不向きですが、
いい男が好きな方は楽しめる気がします。


表紙からの予想では全3巻じゃないかなぁ…
1巻→ノブ 2巻→ハルなので
3巻はサムが表紙で綺麗に完結でどうですか。



ところで、孤児院+ヤクザとなると、
『龍が如く』を思い出します。



※孤児院を経営する元ヤクザのゲーム


シスター・メアリーの代わりに
ハル・サム・ノブが孤児院を経営して
ほのぼのラストとかあり得るかな?




ここまで読んでくださってありがとうございました。
いつも応援ありがとうございます(*^^*)
ポチっとしてもらえると喜びます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



↓既刊の感想
関連記事
        

Tag:★4

COMMENT 0