【青空の澄んだ色は】 天禅桃子


青空の澄んだ色は (ミリオンコミックス)
【あらすじ】
教師を目指す杉浦秀は、講師として小学校に赴任する。
そこで、秀が小学校の時担任だった深田龍二と再会する。
秀にとって、深田は憧れの人であり心の支えだった。
再び会えたことに驚く秀だったが、昔の印象とは違う深田に戸惑いを感じる。
しかし、次第に深田への想いは形を変えていき・・・



おすすめ度:★★★★

試し読みはこちら↓

青空の澄んだ色は

青空の澄んだ色は




Renta!で割引キャンペーンの時に読みました。
とてもさわやかでピュアでいいお話でした。



ざっくりした感想はこちら。


「先生に惚れるのは当然」

「エロはほぼない…でもときめく」

「お互い翻弄しあってて好き」




以下、ネタバレありの感想です。





「先生に惚れるのは当然」

深田は秀が家庭不和で悩んでいた時に、親身になって
話を聞いてくれた忘れられない存在でした。
その憧れの存在だった彼が、再会当初は身なりも構わなくなって、
指導も適当で幻滅します。

でも、一緒にいる内に、彼の言う「適当」は「臨機応変」で、
ちゃんと子供のことを考えた、いい先生のままであることが分かります。

若い頃の深田がめっちゃ優しくてかっこよくて…
そりゃ好きになるわって感じです。




「エロはほぼない…でもときめく」

舞台が小学校ということもあってか、エロはほぼありません。
1冊かけてゆっくり双方からの気持ちを、秀が告白するまで描かれています。
はあ…いいお話だった…。チューだけで満足です。

その後の番外編では、デートして、最後でエッチするとこまで行くんですが
「するのかな?しないのかな?」っていう感じの水面下の攻防が萌えた!
初エッチするまでの道のりが大好きなんです。




「翻弄しあってて好き」

秀に身なりのことを注意されて、ちょっと構うようになる深田。
学校の皆に好評だけど、秀はスルー。

どうにも彼には翻弄されるな 本人自覚がないとこがまた…

とか深田は思ってるわけですが、

実は秀はかっこ良くなった深田にめちゃくちゃドキドキしていて
学校なので、それを我慢してただけw
お互いがお互いを翻弄してるって、ほんと恋って感じでいいですね!




ところで、浅宮先生がいつも訳知り顔してるので、
絶対当て馬として絡んでくると思ったら、そうでもなかった。



ポチっとしてもらえると喜びます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村


関連記事
        

Tag:★4

COMMENT 2

tea  2016, 04. 08 [Fri] 21:24

読みました!

ハムコさん

こんばんは!過去記事出没犯と化しています(土下座)
はい!ハムコさんの「He is beautiful.」記事がきっかけで天禅さん作品を読み漁りました。Renta!情報いただけたのがありがたかったです。
この作品、先生×生徒描きたかったのに、先生×先生になっていた・・・って。生徒が小学生設定の時点でアウト・・・て。
笑いました・・・。
綺麗な絵とピュアストーリーに癒されました~。これは、ピュアブルーですよねっ!
初めは、これ男女でいいお話・・。と思ったのですが、男女だとこんなにピュアにはならないからOK!(誰にQ出し??)と思いなおしました。
髪切ってサッパリした深田にサカエが「どっちも好きです」って言いますけど、「ちょい崩れオッサンの方が好きです」と即答した、ダメ読者でした。

Edit | Reply | 

ハムコ  2016, 04. 09 [Sat] 01:14

>tea様

teaさん、こんばんは!
うわ~、ブログ始めて一週間ぐらいの記事です。
懐かしい…こんなところまでありがとうございます。
懐かし過ぎて恥ずかしくてもうまともに読めないw

> この作品、先生×生徒描きたかったのに、先生×先生になっていた・・・って。生徒が小学生設定の時点でアウト・・・て。
> 笑いました・・・。

私的には先生×先生が萌えるので良かったです!
意外とないですよね~先生×先生。もっと流行れ。

> 綺麗な絵とピュアストーリーに癒されました~。これは、ピュアブルーですよねっ!

これはさすがにピュアでした!一応ほんのりエロあったけど…

> 初めは、これ男女でいいお話・・。と思ったのですが、

ハハハ…そうかもwでも男女だと葛藤少なめですよねw

> 髪切ってサッパリした深田にサカエが「どっちも好きです」って言いますけど、「ちょい崩れオッサンの方が好きです」と即答した、ダメ読者でした。

う~ん、私短髪好きだからサッパリも好きかなぁ。
と言うか、崩れたオッサンがたまにパリッとする瞬間が好きw

コメントありがとうございました♪

Edit | Reply |