美術手帖2014年12月号読みました

美術手帖 2014年 12月号美術手帖 2014年 12月号
(2014/11/17)
美術手帖編集部

商品詳細を見る

噂のボーイズラブ特集読みました!

結構高いのにページ数ちょっとだったらどうしよう?と思ったけど
本誌の約半分ほどの140ページぐらいあって、かなりのボリュームでした。
目玉は中村明日美子さんの描き下ろし漫画16Pと
BL漫画家さん10名のインタビュー記事です。

インタビュー記事はイラスト含め一人当たり7Pほどあり
漫画を始めたきっかけや作品についてなど
かなりの読み応えがあるので、
その作家さんのファンだったら楽しめるのではないでしょうか?

あとは座談会やBLの歴史やコラムなど、かなり字が多めなので
活字が苦手な方にはおすすめしづらいかもです。

しかし、これ・・・普段の美術手帖の読者さんはどう思ってるのかな・・・
今月も買うんですかね・・・?


以下、それぞれの記事についての感想です。




<スペシャル描き下ろしイラスト>

『オトコとシゴト』がテーマの7人の漫画家さんによるイラストです。
ヨネダコウ・宝井理人・えすとえむ・岡田屋鉄蔵
トウテムポール・雲田はるこ・腰乃


ヨネダコウさんのイラストの百目鬼の背中の入れ墨が美しかった!
(パラレルなんだそうです)

あと、雲田はるこさんの「野ばら」の10年後イラストに萌えました。
モネちゃんも可愛かったけど、男二人がいい感じに枯れていてナイスでした。
くもはる先生も続編描きたいっぽい事を書かれていたので
いずれ見られるかもしれないですね!

宝井理人さんのテンカウントの主役二人の8年前の姿は
歳の差が結構あることに驚きました・・・。そんなに上なのね、城谷。



<中村明日美子描き下ろし漫画 「ボーイズラブ」>
高校生同士が出会って初めてセックスするまでを
ダイジェストで、という感じかな?
ちょっと抽象的な感じの漫画だったのですが
唇や舌を描写せずに、軽いキスが深いキスになっていく様を
見事に表現されているのが素晴らしかったです。




<インタビュー記事の感想>

■雲田はるこ
あの繊細なカラーイラストに意外とデジタルの手が入っていることに驚きました。
くもはる先生のBL愛を熱く感じる素敵なインタビューでした。

■ヨネダコウ
「囀る~」2巻表紙の遠景が紡木たくリスペクトから
来ているというのは驚きました。なるほど・・・。
囀る鳥は羽ばたかない 2 (H&C Comics  ihr HertZシリーズ)囀る鳥は羽ばたかない 2 (H&C Comics ihr HertZシリーズ)
(2013/11/01)
ヨネダ コウ

商品詳細を見る

ホットロード (1) (マーガレットコミックス)ホットロード (1) (マーガレットコミックス)
(1986/12)
紡木 たく

商品詳細を見る


■よしながふみ
初期のBL作品から現在の「大奥」「きのう何食べた?」まで
詳しく語られていてすごく読み応えがありました。
どの漫画も「少女漫画」だと思って描いている、というのが印象に残りました。
「きのう何食べた?」はBL誌でやりたかったけど断られたんだそうで、
見る目のない編集さんだな・・・と思いつつも
一般誌に描いたからこそ受けたんだと思いました。結果オーライですね。


■中村明日美子
「性格が髪型に表れている」というお話が面白かったです。
草壁のくるんくるんと佐条の直毛なんてモロにそうですね。
エロ表現はマンガ技術の集合体という言葉に納得。


■こだか和麻
少年誌出身の方なのですね!確かに絵がそんな感じ。
当時のことは知らないけど、よしながさんのインタビューにも
こだかさんはすごく売れていたってあったので、相当だったのでしょうね。


■宝井理人
フルデジタルで描かれているんですね~!液晶タブレットがカッコいい。
アシスタントも使われているみたいだけど
「乳首のトーンはすべて自分で貼っています(笑)」に笑った。


■鳥人ヒロミ
私はこの方は全然知らなかったのですけど、
今は商業をお休みされているみたい。
紹介されている作品は結構面白そうだったので
今度読んでみたいです。


■トウテムポール
岩手にお住まいなんですね。だから宮坂は岩手弁なのか~。
今度一般誌に描かれるようで、結構向いてそうだな~と思いました。


■はらだ
同人誌活動自体も2011年からというかなりの新人さんなのですね!
フルデジタルで描かれていて、ネームもiPadで描いてるそうで、
すごく若そうだな~と思いました。時代はデジタル。


■田亀源五郎
とりあえず一番最初のカラーイラストにビビった!
え?え?こんな露骨なのいきなり載せてきていいの??
しかしインタビュー内容はとても興味深かったです。
自己受容が大きなテーマなんだそうで、
自身のセクシュアリティーを受け入れられたらハッピーエンドに、
受け入れられなかったらバッドエンドになるそうです。なるほどなるほど・・・。




この他の座談会やコラムなどで頻繁に話題に上がっていたのは
「JUNE」から「BL」への変遷で、かなり興味深かったです。
「JUNE」は悲劇を求められていて、「BL」はハッピーエンド前提と。
「JUNE」の頃は全く知らないので面白かったです。



ただ・・・BL入門編として紹介されている漫画20が
コアすぎるんですが、何で??


分かりやすい売れ筋のものはあまり載っていなくて
サブカルっぽいというかちょっと変わったものが多かったです。

初心者にケンタウロスBL勧めてるのを私は初めて見たよ!!
equus (Feelコミックス オンブルー)equus (Feelコミックス オンブルー)
(2011/04/25)
えすとえむ

商品詳細を見る
これ・・・相当人を選ぶと思いますが・・・


これが、「BL好きならこれは読むべき20冊」とかならまだ分かるけど
初心者には濃い作品が多すぎて・・・

夏目イサクさんとか、志水ゆきさんとか、高永ひなこさんとか
そういう分かりやすい人がいない・・・。

日高ショーコさんはかろうじて載ってたけど、
私なら「憂鬱な朝」を最初にはおすすめしないかな・・・。
「花は咲くか」か「嵐のあと」がいいと思うんですが。


基本的にBL好きな女性の方による記事が大半だと思いますが
公平さを期すためか、腐男子ではない男性の方のエッセイもありました。
二名ともに一生懸命共感しようとして
「女装BL」から入っていたのが印象深かったです。

ノンケなのに無理しちゃって・・・頑張ったね・・・。


というわけで、この雑誌はコアなBL好きによる
コアなBL読者向けの特集だったかな・・・?と思いました。

私は面白かったです。機会があれば是非手に取ってみてください。



またしてもすごく長くなってごめんなさい・・・。
ここまで読んで下さってありがとうございました。
いつも応援ありがとうございます。
ポチっとしてもらえると喜びます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
        

COMMENT 10

ちぃみな  2014, 11. 19 [Wed] 13:25

読み耽りました

ハムコさん こんにちはー

図書館で絵本の読み聞かせボランティアをしており
今日は、心温まる絵本に囲まれながら、
待ち時間で美術手帖を読み耽って参りましたw
全然知らない雑誌だったのでまずは大きさが予想外。
読みやすかったけど。。

インタビュー記事はいずれも興味深かったですが
中村明日美子先生の話はもっと読んでみたかった。
非常に客観的&論理的な方なんですね。
漫画の技術に関する話は、さわりだけしか披露されなかったけど
私たちが普段作品を読んでふんわりと感じ取ってることには
裏にきちんと計算された理論があるのだということに
圧倒されました。
挿入以降は動物的で自分に向いてない
というお話が、なるほどなーと納得。。

座談会やコラムなどの記事も、読みでがあって満足♪

>ただ・・・BL入門編として紹介されている漫画20が
>コアすぎるんですが、何で??
入門する=これからBL好きになろう、じゃなくて
=BL(の全体像)を知っていこう、という意味だとか?
確かに初心者ですが、六冊しか読んだ事なかったw

では、また♪



Edit | Reply | 

あず  2014, 11. 19 [Wed] 15:32

私も買いましたよ!
流し読みしかしていませんが、とても素敵でした。
あんなに愛溢れるBL特集初めて見ました。
おすすめBLは濃すぎですよね(笑)
語シスコさんは初心者にはおすすめできません。
美術的観点から選んだんですかね…
「BANANA FISH」と「トーマの心臓」が載ってて嬉しかったです。
鳥人さんは「成層圏の灯火」が特に良いですよ!

Edit | Reply | 

ハムコ  2014, 11. 19 [Wed] 17:56

>ちぃみな様

ちぃみなさん、こんばんは!

図書館にもう入荷しているんですね!
読みやすいサイズで良かったですよね。
ボランティアされてるとのことですが、
お知り合いに読んでるところを見られていないか心配・・・w

> 中村明日美子先生の話はもっと読んでみたかった。
> 非常に客観的&論理的な方なんですね。
絵の美しさとエロスは両立が難しいと思うんですけど、
計算されつくして描かれていたんですね・・・。
「服のしわまで気持ちいい線できれいに描く」というのに
感動しました。確かに明日美子さんの絵はそんな感じですね。

> 入門する=これからBL好きになろう、じゃなくて
> =BL(の全体像)を知っていこう、という意味だとか?
う~ん、芸術的な観点からチョイスということですかね?
いや・・・紅蓮ナオミさんとか芸術的かな・・・?

選んだ人自身がすでに濃すぎてもう一般の人の気持ちが
もう分からないんだと思われましたが・・・。

あと、私はライトBLにはライトBLの
美しさとよさがあると思うので、ほぼ排除されたことは残念でした。
濃いのも薄いのも選んでもらえたら嬉しかったな~。

> 確かに初心者ですが、六冊しか読んだ事なかったw
私も初心者なので半分も読んだことなかったですw
シリーズものの途中までを入れても9冊かな・・・。

コメントありがとうございました♪

Edit | Reply | 

ハムコ  2014, 11. 19 [Wed] 18:02

あず様

あずさん、こんばんは!

> あんなに愛溢れるBL特集初めて見ました。
ですね~!読み応えのあるいい特集でした!

> おすすめBLは濃すぎですよね(笑)
> 語シスコさんは初心者にはおすすめできません。
確かに・・・濃いwww
他のもこの作者だったらこれって感じから
ちょっとわざと外した感じで紹介されてるような気がしました。
玄人好みっていうか・・・

> 「BANANA FISH」と「トーマの心臓」が載ってて嬉しかったです。
吉田秋生さんについて結構掘り下げられてて私も嬉しかったです。
「櫻の園」や「ラヴァーズ・キス」にも触れられていて、
どちらも大好きだったので。

> 鳥人さんは「成層圏の灯火」が特に良いですよ!
そうなんですね!また見つけたら読みたいです!

コメントありがとうございました♪

Edit | Reply | 

たまご  2014, 11. 20 [Thu] 02:22

No title

ハムコさん!美術手帖買っちゃいましたよー♪
17日、気づいたら本屋さんで探してました。笑
本当にはらださん情報ありがとうございました!!!

ヨネダコウさんのイラストの百目鬼の背中は美しかったですね。
しばらく眺めていたくなりましたよ。
あとBL漫画20…
色々とつっこみたいラインナップですよねぇ
個性的すぎてびっくりしましたもの。

ところで
皆さんは後半のページはどうしているのでしょうかね!
もったいないから読もうと思うのですけどなかなか進まずで。
気になります。

Edit | Reply | 

ハムコ  2014, 11. 20 [Thu] 07:07

>たまご様

たまごさん、おはようございます!

買ってる~!と思ってましたw
はらださんイラストはなかったですね(;_;)
フルデジタルは意外でした。

> あとBL漫画20…
> 色々とつっこみたいラインナップですよねぇ
ですよねぇ・・・。
あれ、全部読んでる人は少ないんじゃないかしら・・・。
初心者の時にケンタウロス勧められたら
私、BL読むのやめると思う・・・。

後半のページはさらーっと流し見しましたけど
あんまりよくわからなかったw
真面目な雑誌でした・・・。

コメントありがとうございました♪

Edit | Reply | 

なっち  2014, 11. 20 [Thu] 10:28

おじゃまします♪

ハムコさん、こんにちは〜♪

美術手帖、面白かったですね♪
ヨネダさんから紡木さんのお名前が出たのにはビックリでした!
「ホットロード」懐かしいです〜。久しぶりに読みたくなってきたw

宝井さんのtkb発言には私もブッと噴きました〜(*^ ^*)
そんなにこだわっていたとは…。
宝井作品全部調べなくちゃ、と衝動に駆られておりますw

入門編のラインナップは、やっぱりみなさん引っかかってみえますよね〜w
美術手帖を読む人向けなので、個性的で芸術性の高い作品が多いのかな〜って感じですが、一般の腐女子からすると濃ゆいメンツですよねww
私はこの半分くらいしか読んだことないので、興味が湧きましたw

確かに、この雑誌をいつも買ってる方が今回の特集をどう思ったか、気になるトコロですね〜。

Edit | Reply | 

ハムコ  2014, 11. 20 [Thu] 15:30

>なっち様

なっちさん、こんにちは!

「ホットロード」懐かしいですよね。
ヨネダコウさんっていくつぐらいなのかな~。

> 宝井さんのtkb発言には私もブッと噴きました〜(*^ ^*)
これからtkb見たら絶対このこと思いだしそうですw

> 入門編のラインナップは、やっぱりみなさん引っかかってみえますよね〜w
濃い人がいてもいいけど、ライトな人も必要だと思うのですよ。
20冊も選ぶんだから、ライトな人も絶対入れられたと思うのに。

普段から購読してる人は買いづらいって言っているらしいと
小耳にはさみました。まあそうでしょうねwごめんなさいって感じww

コメントありがとうございました♪

Edit | Reply | 

tea  2016, 03. 28 [Mon] 13:02

読みました!

ハムコさん

「俺たちのBL論」を迷っているうちに、こちら読みました!
こちらはもう中古で買うしかないので迷わず(笑)
とても興味深く面白かったです!
それぞれの作家さんにあわせたインタビューも読みごたえありましたし、
イラスト!百目鬼!!(あ~でもいま「囀る鳥~」を読み直す体力は無いんです・泣)しばし見入りました。
特集通して、BLに真摯に向き合った感じがとても良いですよね。
美術手帖なだけに?文化・芸術・表現として扱っている印象でした。
20選は、私いいかな?と思ったんですよ。
割と、多角的に、もしかしたら普段漫画すら手にとらない方でも表紙できっかけにできそうな作品や、BLと意識したうえでとっかかりにできそうな作品をそろえたように思います。ハムコさんと同じくライトやポップ皆無というのは、残念だな、と思いました。
このラインナップで「来たれ、入門者!」は飛ばしずぎ、と思いましたけど、
「個性豊かなオススメ20選」には納得しました。
ケンタウロスは未読なので内容については解りませんが、表紙だけだったら、神話の世界ですしとっつきやすいのでは?
阿仁谷さんは、もっとカワイイのを選択して欲しかった~・・「刺青の男」読んで次!と手を出すにはハード過ぎ・・。・・もしかして、私が解っていないだけで、そんなのばっかりな20選でしたか??
容赦なく長編も紹介されているのには笑いましたが。
・・実は20作品中7作品既読、というのは、私にとってこの手の特集では初めてのことです。(せいぜい2・3作)
ですので、美術手帖読者で漫画を読み慣れていない(非BL含む)という「入門者」向けなのかな。と思いました。
ハードな表現・BLらしさ<芸術性・読み物としての深さ。みたいな。
そこからハマれば絶対ライトな方には堕ちてきますから(笑)
とても面白い切り口の特集だったと思います!
でも、私中古で購入しましたので、手放した方の心には響かなかったのかな・・・と思うと残念。
毎度ながら、過去記事に長文失礼しました<(_ _)>
・・なかなか新しい記事にコメント入れられなくて・・・<(_ _)><(_ _)>

Edit | Reply | 

ハムコ  2016, 03. 28 [Mon] 18:48

>tea様

teaさん、こんにちは!

読み応え有る特集でしたよね~。

> イラスト!百目鬼!!(あ~でもいま「囀る鳥~」を読み直す体力は無いんです・泣)しばし見入りました。

わかりますw囀る~は面白いけど、読み始めるのに元気がいりますw

> 特集通して、BLに真摯に向き合った感じがとても良いですよね。
> 美術手帖なだけに?文化・芸術・表現として扱っている印象でした。

ですね~、小説も取り扱って欲しいですけど、
アートとしては絵もコミなんでしょうか。

> このラインナップで「来たれ、入門者!」は飛ばしずぎ、と思いましたけど、
> 「個性豊かなオススメ20選」には納得しました。

そうですね・・・個性はあったかも・・・
同作者の「はたらけ、ケンタウロス!」は楽しめたんですが
この「equus」は獣/カンぽく感じて私は無理でした・・・
お尻に手を突っ込んでるところとか「動物のお医者さん」みたいで・・・
(そもそも動物系のものが苦手です・・・)
でも世間では評判がいい作品なので良かったら読んでみてください。

>私が解っていないだけで、そんなのばっかりな20選でしたか??

う~ん、私が選ぶとしたら同じ作者のものだとしても
これは選ばない、って思うものが多かったです。
でも初心者に勧めるならと言うことであって
面白い作品が集まってるとは思います。

もうBLを読んだことがあって、もっと深く知りたいと思うなら
いいチョイスなのかもしれません。
この特集を読んでから初めて鳥人ヒロミさんを読んで
熱くハマったのはいい思い出です。
「成層圏の灯」は名作。

> 毎度ながら、過去記事に長文失礼しました<(_ _)>

いえいえ~、懐かしくて楽しいです。
過去の記事も一生懸命書いてるので、読んでもらえて嬉しいです。
どうぞ、お好きなところからコメントくださいね。

コメントありがとうございました♪

Edit | Reply |