【アタ】 藤たまき



【Amazonの内容紹介より引用】
ひとつの屋根の下、他人同士でありながら、
影郎とアタは、兄のように、弟のように、家族として暮らしている。
まっすぐで健全な心の持ち主である影郎。
傷つきやすく、そのくせいつも誰かに恋をしているアタ。
ふたりは一番近くにいながら、
恋人としてはもっとも遠い存在だったのだが・・・
春を恋う少年達のラブ・ストーリー。



おすすめ度:★★★★

試し読みはこちら↓

アタ

アタ




「遊覧船」がすごく良かったので、藤たまきさんの作品の中で
似た雰囲気のを探して読んでみました。

表紙がすっごく美しいの・・・!

「縁側のレシピ」「遊覧船」は攻めが病んでましたけど、
今回は受けが病んでいます。

※私的藤たまき作品の病み度

「ホライズン」≧「アナトミア」>>>「縁側のレシピ」>>「アタ」←今ここ。

甘くて切ない恋愛ものを求めて読んでみたのですが、
思ってたよりも若干スパイシーだったかな・・・?
三角関係で当て馬が可哀想なので、苦手な方はご注意を。


ざっくりした感想はこちら。


「最初から両想いの二人」

「讃岐がカッコよすぎた」

「三人で仲良くは無理がある」


以下、ネタバレありの感想です。





「最初から両想いの二人」

影郎の家で兄弟のように育ったアタ。
とにかく影郎はアタが可愛くて仕方ないんです。

だけど、アタはゲイだとカミングアウトしてからというもの、
ろくでもない男と恋愛を繰り返しては別れを繰り返す。
そんな危なっかしいアタを監視しては男と別れさせていくうちに、
影郎は恋愛に幻滅していきます。

何でアタがそんなことをしているかというと、
影郎へ恋する自分に気付いたからなのです。

でも、アタにとってはその恋は身の破滅でもある。
親に育児放棄されてここに来たアタには、他に行く場所がないからです。
影郎に嫌われたら生きていけないし、影郎の母に知られてもいけない。

影郎に欲情する自分を
単にゲイだからだ、男だったら他の人でもいいんだ
と置き換えるために、次々と恋をするアタ。

要は最初から両想いだったのですが、
アタの方が性的に目覚めるのが早かったために
ぐるぐると悪循環を続けます。




「讃岐がカッコよすぎた」

そんな煮詰まった二人の前に、影郎の親友・讃岐が現れます。
アタが影郎を思っているのに気付きながらも
強引にアプローチをしてきます。

最初は反対していた影郎も、ちゃんとしてる男だからと、
しぶしぶ二人を認めるようになります。

実際、讃岐はすごく優しくアタを愛してくれます。
もう讃岐でいいんじゃない?と何度も思ったな~。

讃岐がゲイになったきっかけの初恋のエピソードなどもあって、
かなり讃岐を掘り下げているので、
正直・・・影郎よりも感情移入しやすかったかもしれないです。
何気に讃岐の初体験が弓道着エッチだったので
ちょっと萌えたんですよね・・・w


それでもやっぱりアタの気持ちは動かなくて、
待っていた讃岐が耐えきれなくなって、別れることになります。

優しいエッチも良かったんだけど、
激昂した讃岐が影郎の浴衣を着てアタを無理やり・・・も
申し訳ないけどちょっと萌えてしまった・・・w

普段は不感症気味なアタが影郎プレイをした途端に
すぐイっちゃう・・・というのは皮肉すぎました。

ちょっと讃岐にページを割きすぎだよね・・・。
影郎の印象が薄くなってしまったように思いました。




「三人で仲良くは無理がある」

讃岐に背中を押されて、何もかもを失う覚悟で、影郎に告白したアタ。

ちょっとあっさりうまくいきすぎて、アタと同じく

えっ・・・( ゚д゚)ポカーン

とはなったんですけど、まあこの結末は分かってたんですよ。

他の方の感想では「讃岐が可哀想すぎ」という意見が多かったんですが、
私は、アタと影郎の気持ちを知りながら強引に割り込んだんだし、
讃岐自体もアタを初恋の人の代わりにしていた部分もあるしで、
これはしょうがないよね・・・と思ったんです。
(2カ月しか待てなかったのは短いと思ったし)

でもね、別れた後も3人で仲良くするのは無理じゃない??

私だったら、別れた恋人とその現恋人と会うのも、
自分の恋人の元恋人(肉体関係あり)と会うのも、
はたまた自分の元彼と新彼と3人で会うのも、全部無理~!!

思いきって告白してみたら、意外と以前と何も変わらなかった、
っていうことを表したかったんだと思うんですけどね。う~ん。


最後の方で「アタ」という名前の由来がわかりますが、
この優しいエピソードはちょっと泣けました・・・。
アタには影郎しかいないんだな、と思わせられました。

あと、ファーストキスなのにアタに凄いディープなキスされて
戸惑う影郎のDTっぽさは可愛かったです。



最後がモヤっとして非常に惜しかったんですが、
ぐいぐい読ませられていく感じで、私は面白かったです。
当て馬に肩入れするかどうかで好き嫌いが分かれそうな作品ですね。



ここまで読んで下さってありがとうございました。
いつも応援ありがとうございます!(^v^)
ポチっとしてもらえると喜びます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
関連記事
        

Tag:★4

COMMENT 2

ちぃみな  2015, 04. 05 [Sun] 22:03

当て馬推しの私ですが

ハムコさん こんばんは

ようやく読みました〜。
大抵の作品でいつも当て馬に感情移入しては
恋に破れた悲しみに共感して涙する私ですが
なぜかこの作品に関しては、純粋に影郎推しで、
ハヤは本当に良い働きをした当て馬だったなw
と呑気に思えましたwww

ハヤは良い奴ですし
浴衣姿が格好良過ぎて、一瞬クラっと来たけど
やっぱり、両片想いは実らせないと♪

性的な目覚めの遅い早いで、すれ違っちゃうというのは
個人的にはとても新鮮でした。なるほど・・・。

あと、アタがハヤのことを『ダメな子萌えなのかな?』みたいに
考えるところは、アタの冷静さにブラックな笑いを覚えましたw

ハヤがアタに手をあげたシーンでは
藤たまきさんの作品という先入観から
『この後どんだけ痛い事になるんだ・・・』
とビクビクしてしまいましたが、
影郎プレイ程度で終わって良かったw
すぐイっちゃって、しかも精液濃いとかエロいwww

アタという愛称に関するエピは上手かった・・・(/Д`)ホロリ

私は、あまりゲイの三角関係を
男女の三角関係と同列には考えないし
ハヤはそこまでアタに入れこむ前に身を引いたので
三人仲良くでも気にならなかったかなーw

「遊覧船」と同じ位、読みやすく綺麗にまとまったお話ですね。

では、また♪

Edit | Reply | 

ハムコ  2015, 04. 05 [Sun] 22:57

>ちぃみな様

ちぃみなさん、こんばんは!

そうなんですよ~、私もハヤはあれでよかったなって思いました。
確かにかっこいいし、不憫ではあるけど、
あれは仕方ないよねって思えました。

> 性的な目覚めの遅い早いで、すれ違っちゃうというのは
> 個人的にはとても新鮮でした。なるほど・・・。
こういう微妙な心境を描くの藤たまきさんって本当に上手いですよね!
ありそうだな~って思えました。

> あと、アタがハヤのことを『ダメな子萌えなのかな?』みたいに
> 考えるところは、アタの冷静さにブラックな笑いを覚えましたw
おバカな健気受けじゃなくて、ある程度頭が良くてちゃんと考えてて、
でも良くない方向へ進んでいっちゃう・・・というアタの性格も
好き嫌いはあるだろうけど、私は好きでしたね。

> ハヤがアタに手をあげたシーン
私は藤たまきさんの作品の中では最初の方に読んだから、
そこまで考えてなかったなww
でも確かに藤さんって容赦ないところありますもんね。

> アタという愛称に関するエピは上手かった・・・(/Д`)ホロリ
あれ泣けますよね・・・。アタってキラキラネーム?とか思ってごめんね!
本名じゃなかったのね・・・。そりゃそうか・・・。

> 三人仲良くでも気にならなかったかなーw
これは私自身が元彼と友人にはなれない人間だからだと思います。
新旧彼氏と対面とか考えただけで身が細りますww
これって男同士だと違うのかなぁ・・・。

コメントありがとうございました♪

私信:あちら鍵コメだったのでこちらへ・・・
載ってるアンソロ調べたのですね~。さすが仕事が早い!
私も参考にして探します!ありがとうございます(^v^)
コミックスに三作まとめて載ればいいのに・・・。

Edit | Reply |