【さくらのくちびる】 依田沙江美

さくらのくちびる (Feelコミックス オンブルー)さくらのくちびる (Feelコミックス オンブルー)
(2011/04/25)
依田 沙江美

商品詳細を見る

【カバー裏の内容紹介より引用】
男子校の入学式。“俺様”な3年生・穂積に
気に入られた新入生・さくら。
縮められていく距離にとまどいながらも
気づくと唇を奪われていて―――。



おすすめ度:★★★


1997年に出版されたものに未収録短編「蛍の骸」を加えて
2011年に出版された新装版です。
少年たちの繊細で初々しい恋のお話の短編集で、
「チョコレート・キス」が好きな方は多分これも好きだと思います。

山中ヒコさんによる帯がこの本を上手く表現してるな~と思います。
「恋を得て、ぐちゃぐちゃになる男子達。
子犬のように可愛いのにふっと差し込む狂気。ぞくぞくします。」



以下、それぞれの短編のネタバレありの感想です。





■さくらのくちびる

入学式の日に出会った上級生・穂積に気に入られた主人公・佐倉。
単純に優しくしてもらえてうれしいな~と思っていたのに、
気が付いたらキスされて、気のせいかなと思ったら、
今度は誰もいない生徒会室で手コキされるわさせられるわ。


好きだと言われて嬉しいけど、後戻りできなくなるのは怖いと
混乱するのがリアルだな~、と思いました。ホモだもんな・・・。


■スイートソウルレビュー

兄の親友⇔弟←兄というお話。
平気そうにヘラヘラしてたかと思ったら、
急にボロボロ泣きだしたりするところが、
びっくりしたけどちょっとグッときました。
兄が邪魔するのをやめたらすぐにハッピーエンドでした。


■白い魚の夢

「スイートソウルレビュー」の兄とその先輩の話。
教師に弱みを握られて性奴隷化されていた先輩を助けますが、
結局兄自身は振られて幸せになれず・・・。
お兄ちゃん可哀想過ぎるよ。
しかし、オチにはちょっと笑った・・・イケメンじゃなかったのね・・・w


■眠ればくる朝

留年した一つ年上の同級生をめぐって
3人が争う・・・というお話なんですが、
ちょっと設定盛りすぎで分かりづらかったかな・・・。
煉屋の脳腫瘍とか必要だったのかな・・・?


■墓守りの憂鬱

ミステリーものです。
これは・・・無理に性奴隷っぽいの入れてBLにしてるけど、
それ、要る・・・?という感じでした。
でもそれがなかったら主人公が女の子になってしまうんですよね。


■蛍の骸

従兄弟同士で夏休みに別荘へ行くという話。
う~ん・・・抽象的でよくわからなかったな・・・。
とりあえず恋人が死んじゃったんだということでいいんだろうか。



依田さんの描く少年って本当に幼くて不安定で、子どもなんです。
それなのにキスやそれ以上をしたり、
はたまた煙草を吸ってみたりするところが
背徳感があってちょっとエッチだな・・・と思います。

お話自体は初期作品集だけあって、ちょっと粗さを感じました。
この中だと「スイートソウルレビュー」が一番好きでした。

でも、私は少年の話より大人の話の方が好みだな・・・と思いました。



ここまで読んで下さってありがとうございました。
いつも応援ありがとうございます。(^v^)
今日はもう一回雑記を更新する予定です。
よかったら覗きに来てくださいね。
ポチっとしてもらえると喜びます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
        

Tag:★3

COMMENT 0