【K先生の不埒な純愛】 夏水りつ


K先生の不埒な純愛(特装版) (花音コミックス)

【あらすじ】
「俺はお前しか欲しくねえんだよ」

野獣のような人気官能小説家・鍛治に押し切られるように
お付き合いをスタートさせたマジメ編集者・小早川。
順調な滑り出し…と思いきや有名作家は常に注目の的で!?
野獣系作家に愛された真面目編集者の受難



おすすめ度:★★★★

試し読みはこちら↓




K先生シリーズ第三弾です!
夏水りつ先生デビュー10周年ということで、
描き下ろしエロ小冊子つき特装版を買いました。
(小冊子大好き)

甘くてエロかったです!!

「犬恋」「猫恋」スペシャルショートと
「山田くんと田中課長」出張編もあります!
もちろん黒棒様も(^v^)


ざっくりした感想はこちら。


「微エロが続き期待が高まる序盤」

「深まる二人の信頼感に萌え」

「最後のエロ&エロ小冊子で満腹」


以下、ネタバレありの感想です。





「微エロが続き期待が高まる序盤」

前作の「~野蛮な恋愛」で付き合うことになった(?)二人。
小早川も鍛冶先生への気持ちを認めて、拒まなくなっています。

とりあえず冒頭のシャツ上からの乳首カリカリに俄然盛り上がる私。
この日はあっさり帰してくれたらしいんですが、
後日鍛冶が小早川のアパートまでやってきて
「あれじゃやっぱり足りねえから抱きに来た」
って言う強引なところが、めちゃめちゃ萌えた!


あと、自分からのディープキスを要求されて、
おずおずと舌を出す小早川にもすっごく萌えた!

エッチ自体は寸止めだったりフェードアウトだったりして
最後の方まで本番はないのですけど、
ちょくちょく挟まれる微エロで退屈する暇は全くなかったです。




「深まる二人の信頼感に萌え」

小早川も「先生がそんなに強引じゃなかった(当社比)」
言ってた通り、今回は鍛冶先生のオラオラ感はちょっと少なめかな?
小早川の話をちゃんと聞いてあげようとして優しかったです。

小早川も前はすぐ不安になったりしていたけど、
鍛冶のことを信じられるようになっていて穏やかでした。
その穏やかさが、嫉妬しろ!と逆に鍛冶を怒らせたりして
どうしたらいいんだよ・・・という感じはあったけどw

今鍛冶に必要なものをちゃんとわかってて、
きちんとサポートするあたりなんかは、お仕事BL的にも萌えました。

鍛冶が小早川のことを好きになった時のエピソードなんかもあって
愛が深まった感じがしましたね!
(正直前作までは見た目だけがタイプなのかと思ってたよ)




「最後のエロ&エロ小冊子で満腹」

すごく甘くて萌えましたけど、ちょっと強引成分少なめかな・・・
と思っていましたが、そこはエロでカバー。

本編最後のエロと小冊子のエロでは、
存分にオラオラ系のエロがお楽しみいただけます。
っていうか、ホントに「オラッ」って言っててちょっと笑ったw

小早川もすっごくエロいです・・・。乳首射精にトコロテン・・・。
今回やたらと乳首責めがあった気がする・・・。ごちそうさまでした!




その他は勝頼の引っ越しを手伝うあっくんのショートもありました。
あっくんは可愛かったけど・・・今井はほぼ出てきません(涙)
私は今井×あっくんが一番好きなんだよ~。今井の変態ぶりが恋しいよ~。

「山たな」「黒棒様」も面白かったです。
黒棒様に兄弟がいたなんて・・・でも棒兄弟って意味変わってこない?
どうにも穴兄弟の反対な感じがしてしまうわ・・・。



■K先生シリーズ感想

【K先生の野獣な愛情/K先生の野蛮な恋愛】 夏水りつ
(1・2冊目)
【K先生の秘密の熱情】 夏水りつ
(4冊目)






ここまで読んで下さってありがとうございました。
拍手・コメント・バナークリックして下さる方、
ありがとうございます!励みになっています!
ポチっとしてもらえると喜びます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



関連記事
        

Tag:★4

COMMENT 0