【この恋はハードボイルド】 依田沙江美

この恋はハードボイルド (Ovis comics DX)この恋はハードボイルド (Ovis comics DX)
(1997/03)
依田 沙江美

商品詳細を見る

【カバー裏の内容紹介より引用】
自称、半分主婦の高校生・高根響はひょんなことから、
「幽霊屋敷」に引っ越してきた変な隣人・吉井と知り合った。
あまりに不器用な吉井を放って置くことが出来ない響であったが、
ある日、彼の知人から昔の話を聞かされ・・・。
『花の嵐』の続編として、表題作110Pを描き下ろした
ファン必見の初コミックス!



おすすめ度:★★★★


依田沙江美さんの初コミックスです。
初版は1997年で、既に絶版になっていますので
中古でしか手に入らないと思います。
珍しくA5判で、大きい!
表題作が110Pの描き下ろしと言うのも珍しい。
今の依田さんなら考えられない!


個人的には依田さんの作品は「真夜中を駆けぬける」以外は
初期作品より最近の物の方が好きだな・・・と思っていて、
初コミックス、正直全然期待していなかったのですが、
これ、かなり好きでした。
萌えました。


表紙の彩色とタイトルでかなり損している気がするなあ・・・。
背表紙もショッキングオレンジでダサい
かなり時代を感じるというか・・・。



ざっくりした感想はこちら。


「全然ハードボイルドではない」

「逆鱗に触れる瞬間を描くのが上手い」

「黒い部分は女性キャラが持っていった」


以下、ネタバレありの感想です。






「全然ハードボイルドではない」

タイトルと表紙から、舞台は探偵事務所とかで
事件に巻き込まれる系のお話かな・・・と思ってましたが、
全然違った!単に攻がハードボイルド小説家なだけだった。
全然ハードボイルドじゃない。

隣に引っ越してきた小説家・吉井(34)と高校生・響(17)のお話です。
おっとり頼りない吉井と背も高くしっかり者の響。
大人とは思えない不器用さをほっとけなかったり、
そうかと思えばやっぱりちゃんと大人で翻弄されたり、
あ~、こんなん恋しちゃうよね・・・と思いました。

めそめそ泣きながらも据え膳頂いちゃう吉井と
「ホモぐらいなんだよ 
ゲイカルチャーは今時流行りものだぜ」

とあっけらかんと言い放つ響に年の差を感じましたw




「逆鱗に触れる瞬間を描くのが上手い」

おっとりした吉井は基本的に響に言われ放題なのですが、
言ってはいけないことを言ったら、すっと雰囲気が変わる。
その逆鱗に触れた瞬間を描くのがすごく上手いな~と思いました。

「童貞なの?」とからかってきた響に
泣いちゃうくらいすごいキスをするところと
「浮気してやる」と軽口を言った響に怒った瞬間が
すごくハラハラして、でも萌えました。

特に浮気発言に怒ったシーンでは、
すごく静かに怒っていて、許された瞬間に
緊張が緩んだ響がぶわっと涙を流して、
その流れでエッチへ・・・と言うのが
最高にゾクゾクして色っぽかったです。

性描写自体はほぼなく、モノローグのみなのですが
それが逆に想像をかきたてて、ものすごく色っぽい。
ここのモノローグがすっごく好き・・・。
何かすごいことされてる・・・何されてるの・・・!




「黒い部分は女性キャラが持っていった」

依田作品では人間の黒い部分などもよく描かれるのですが、
今回はその部分は女性キャラが大半を持っていった感じ。

家政婦さんとその内縁の夫の本妻さんの話とか
響のお母さんの再婚の話とか、
そういう周辺の話を絡めて、色々すれ違った二人が
最後に「この人が好きだ」と再確認する、という流れで、
そこが「真夜中~」シリーズと似てました。


同時収録で依田さんの商業誌デビュー作品
「先の夏」も収録されていましたが、
こちらは絵の白さやお話の煩雑さが目立ちました。



このブログを始めた動機の一つに
依田沙江美さんの全コミックスの感想を書きたい、
というのがあって、一応これで全部書けました。

寡作でマイナーな作風の依田さんのことを語る人は
今は少なくなっていて、私がハマった時に寂しかったので
後から依田さんにハマった人と感想を共有できる場に
なればいいな、と思っています。


ここまで読んで下さってありがとうございました。
いつも応援ありがとうございます(^v^)
ポチっとしてもらえると喜びます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事

BLも対象!ひかりTVブック30%オフクーポン(8/20まで)
        

Tag:★4

COMMENT 6

箱マダム  2014, 12. 17 [Wed] 18:16

わたしも依田ファンです

依田沙江美の初コミックですか! 読みたい!
それは古本で入手されたので?
A5サイズのコミックというと、語シスコのラブ&カタと同じ?
依田さん、わたしも大好きですが、学園ショタものはあまり・・。
断然「真夜中~」シリーズが好きです。
「よろめき番長」も大・好きです。
BL仲間にも依田さんの素晴らしさ吹聴するのですが、
どうも今っぽくないらしく、クロネコとかカウントとか、管理とか、
逆に勧められます。
わたしはきちんと対話できるカップルが好きなんです。
モノローグに中身が欲しいのです。
依田沙江美、もう新作コミックは出ないのでしょうか・・。
同人誌買うしかない(遠い目・・)

Edit | Reply | 

ハムコ  2014, 12. 17 [Wed] 20:02

>箱マダム様

箱マダムさん、こんばんは!
依田ファンなんですね!
あまりいないのでとてもうれしいです。

> それは古本で入手されたので?
そうです。私はアマゾンのマケプレで買いました。
ネットでないとなかなか見つからないかも。

> 依田さん、わたしも大好きですが、学園ショタものはあまり・・。
> 断然「真夜中~」シリーズが好きです。
> 「よろめき番長」も大・好きです。
あ~、全く同じです!大人のお話が好きなんです。
ちょっと暗めで毒があってエロが少ないので
今の流行りではないんですよね・・・。
クロネコとかも普通に好きなんですが、
違う部分で萌えてるのですよね。

> 依田沙江美、もう新作コミックは出ないのでしょうか・・。
今はonBLUEで「ありあまる富」を連載されていますが
今のペースだとコミックス化は2~3年先ですね・・・。
依田さんの作品は「よるべなき男」など、
連載終了していても何故かコミックスにならないものもあるので、
「ありあまる富」は雑誌の掲載分を全部取ってあります。

コメントありがとうございました♪

Edit | Reply | 

咲  2014, 12. 20 [Sat] 22:42

OPERA23

こんばんは☆.。.:*・

OPERA23号に載っていた作品が、スピンオフだって昨日気づきました。

弟の奏くん・・・ご飯食べさせてもらってた印象しかないw
『悪魔』ってタイトルからして、ちょっと黒い攻め?←好きw

続きの構想はあったのでしょうに、読みたい~~(T ^ T)。


わたしも、依田さんの作品を読むまでは、
初々しい受け(特にショタ)は苦手でしたが、

伸哉は、柔道の段を取って、会長もこなしてるし、
昴は、神職の資格取るって言ってたし、
そういう成長が感じられる受けはいいなーと思うようになりました。

攻めに捨てられたら困るような、生活能力のなさそーな受けは
心配になるのですよ。←オバサンか

あと、響もですが、掃除とかちゃんとしてるのが好き。
料理するBLキャラはいるけど、掃除って地に足がついてる感じがします。
わかぺーは、やり過ぎだけどw

Edit | Reply | 

ハムコ  2014, 12. 21 [Sun] 08:55

>咲様

咲さん、おはようございます!

> OPERA23号に載っていた作品が、スピンオフだって昨日気づきました。
「悪魔の心くばり」ですよね!あれ前編しか載ってなくて
後編が出てないから読んでないんですよ~。生殺しが嫌でw

あ~、黒い攻め大好き~!!読みたいなぁ~。
面白かったですか?読んだ方がいいと思います?
良かったら感想を聞かせてください(^v^)

いつか「この恋はハードボイルド 新装版」が出たら
描き下ろしで後編も描いて収録・・・とか・・・ないかな・・・?
(あったら1000%買います)

> 伸哉は、柔道の段を取って、会長もこなしてるし、
> 昴は、神職の資格取るって言ってたし、
> そういう成長が感じられる受けはいいなーと思うようになりました。
そういう地に足がついたようなところが好きです。
「ブリリアント~」とかも、アホ受けなんだけど、
ちゃんと生活基盤があるというところが好き。
昴はしっかり者ですよね!むしろ石倉先生がw

> わかぺーは、やり過ぎだけどw
言えてるw友達にも恋人にもなりたくないw
そっと遠くから見ていたいですww

コメントありがとうございました♪

Edit | Reply | 

咲  2014, 12. 21 [Sun] 16:02

『悪魔の心くばり』

こんにちは♪

『悪魔の心くばり』ですが、超生殺しですww

ネタバレになるかもなので、少しだけ・・・
・奏くんは多分高2になっている(美人!)
・吉井×響にはさらっと触れるだけ
・14Pなので、導入部というカンジ

前号の予告では、ページ数がどうなっていたのか不明ですが、
おそらく、〆切に間に合わない事情があったのでは?と思わせます。

もしかしたら、このまま後編が掲載されない可能性があるかも、と
OPERA23号は何かのついでで注文したのでした←

ハムコさんが紹介して下さる漫画家さんは、
ほとんど存じませんで、ヒヨコ以下なんですけど、
23号では、荷田はしおさんの陰間の話が切なくて好みでした。


色々な作家さんが書いてましたが、編集さんから
「ラストはハッピーにして下さい」と言われているのが
最近のBLだそうですが、切ない系・・・好きなんですw


唐突ですが、
『ブリリアント』は同人誌の作品も入れて、新装版が出る可能性が
あるよね~と、勝手に夢見てるんですが、どう思われますか?

Edit | Reply | 

ハムコ  2014, 12. 21 [Sun] 20:42

>咲様

咲さん、ありがとうございます!

そうか~、やっぱり生殺しなのですねorz。
14Pですもんね・・・。吉井×響もそんなに出ては来ないのか・・・。
後編はもう描く気がないのかな・・・。

> 23号では、荷田はしおさんの陰間の話が切なくて好みでした。
その方は私は知らないですね。コミックスになってるのかな?

> 色々な作家さんが書いてましたが、編集さんから
> 「ラストはハッピーにして下さい」と言われているのが
> 最近のBLだそうですが、切ない系・・・好きなんですw
昔は逆に悲恋でないといけなかったらしいですよね。
どちらにもいいところがあると思うんですが、
私はご都合主義すぎるのはちょっと萎えますね。

> 唐突ですが、
> 『ブリリアント』は同人誌の作品も入れて、新装版が出る可能性が
> あるよね~と、勝手に夢見てるんですが、どう思われますか?
う~ん・・・想像でしかないんですが、
依田さんって新書館と関係切れていそうな気がするんですよね・・・。
「スノースリップ」が非常に中途半端に終わっているし・・・。
出るとしたら別の出版社からじゃないでしょうか。
「よるべなき男」と「THE FELLOWSHIP OF THE RING」も新書館ですしね~。
出すなら先にこちらを出してほしいです・・・。読みたい。

貴重な情報ありがとうございました!

Edit | Reply |