【茅島氏の優雅な生活 全3巻】 麻々原絵里依



2巻目「英国旅行編」


3巻目「プロポーズ編」

【あらすじ】
茅島氏はやんごとなき筋とも縁が深い孤独な資産家。
そんな茅島氏が何を思ったか、嵐の夜に突然、
ずぶ濡れで庭師の家を訪れ…告白をした。
高飛車で一方的な求愛に庭師は怒り、
意地悪な注文をつけたが、
世俗に疎い主人は驚くほど素直で……
庭師×富豪。茅島氏の謎に包まれた私生活と、
情熱的な愛について。



おすすめ度:★★★★★


おすすめいただいて読んでみました!
遠野春日さんの小説のコミカライズ版です。


正直、小説のコミカライズって個人的には
微妙なものが多いなって思ってたんですが、
これは雰囲気をよく出せていて楽しめました!
麻々原絵里依さんの絵がとても美しいです。

イングリッシュガーデン付きの大豪邸に住む
富豪とそのお抱え庭師のお話。


ざっくりした感想はこちら。


「茅島氏の魅力のとりこ」

「庭師もすっかりハマる」

「綺麗なエロ」


以下、ネタバレありの感想です。






「茅島氏の魅力のとりこ」

感情の起伏に乏しく、無口で不愛想な茅島氏。
その態度は高飛車なようにも見えますが、
実はとても素直で謙虚な部分もあります。
そんな彼を周りのみんなは好きになってしまいます。

わがままな時もあるけど、それは世俗に疎いからで、
わざとわがままをしようとしてるわけじゃないんです。

ちゃんと相手の立場や気持ちを考えていて、
自分の都合を必要以上に押しつけたりはしないです。

育ちの良さが出てて、そこがとても魅力的です。

周りのみんなは茅島氏を甘やかし過ぎな気もするけど、
多くを望まない彼がたまに望みを言うと
全力で叶えたくなってしまうのは分かるな~。




「庭師もすっかりハマる」

最初は茅島氏から一方的に求愛してきたので
主導権は完全に庭師のもの。

庭師はいずれ訪れるであろう別れを意識して、
心に一線を引いて付き合おうとするのですが、
いつの間にかすっかりハマってしまいます。

あんなにストレートに求愛されたら
可愛くて仕方ないですよね。
茅島氏は本当に庭師が大好きすぎて、
見ていてすごく微笑ましいです。


茅島氏の愛に胡坐をかいていた庭師が
茅島氏の心が離れたかも、と思った途端に
想像以上に動揺するところが萌えました。


東大出の経歴が全然仕事にもお話自体にも
生かされていないのが残念だったな・・・。
でもカッコいいからいいかw
もうちょっと男っぽい見た目でもよかったけど。




「綺麗なエロ」

結構エロシーンは多めかな?
露骨な性器描写などはなく、綺麗なエロって感じで
お話にはとても合ってます。

エロ自体は小説の方がねちっこくてエロかったです。
でもパキラプレイとか絵で描いちゃったら
雰囲気崩れちゃうような気がするから
やっぱこのままでいいですw

※パキラプレイ・・・尿道にパキラの茎を突っ込んで
射精できなくした上で挿入するプレイ
(小説1巻参照)

エロ増量を求める方は小説版を読むとエロいよ!

小説にはコミカライズの際に
ばっさりカットされたエピソードが結構ありますから、
コミカライズを読んだ後でも楽しめると思います。



ところで、エッチした翌朝に全裸で寝ているところに
コーヒー持ってこられるのは絶対嫌だな・・・。
波多野さんの動じなさが怖すぎる。



ここまで読んで下さってありがとうございました。
いつも応援ありがとうございます(*^_^*)
ポチっとしてもらえると喜びます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

        

Tag:★5

COMMENT 2

ちぃみな  2015, 03. 20 [Fri] 08:57

茅島氏を愛でまくるw

ハムコさん おはようございます

とうとう、茅島氏を愛でられたのですね♪
BL界広しと言えども、類を見ない可愛さ。
(可愛い=説明しづらい良さの総称w)
茅島氏はすごく多面的な魅力を備えてますよね。

よく考えたら、付き合った後の話ばかりなので
ハムコさんの好みに適合してましたね (o^^o)

日高ショーコさんの挿絵の後ですが
麻々原絵里依さんのお人形さんのような絵柄が、
浮世離れしたお話の雰囲気と合っていて違和感を感じません。

エロシーンも結構好きです。
私の中では麻生海さんのエロと同カテゴリー
『潔癖そうな絵柄なのに結構ガッツリ行くので
見てはいけないものを見たようでエロさが増す』
に分類してますw

茅島氏は濡れ場でも大変魅力的で
『快楽をよいものとして素直に受け入れたので
彼は理想的に淫らになった
興醒めするほど開放的ではないし
つまらない気取りも無いのだ』
という庭師のモノローグには、
まさにその通り!と賞賛を送りました。
エロさにまで育ちの良さが出てるwww

お屋敷内のこんなところでサカっちゃうの?
というところも萌えます (〃∇〃)
暖かくなったら四阿でもエッチしそうだしね♪
そう言えば小説では、
お友達のお医者さんの前で致したりもありましたねw

『ゴムは一切使わない、お互い唯一のパートナーだから』
という考え方は、ゴム推奨派の私も引き下がりました。
この話こそBLおとぎ話だから、全て中/出しでも、
シーツの汚れや事後の処理は気にしません!

では、また♪

Edit | Reply | 

ハムコ  2015, 03. 20 [Fri] 13:43

>ちぃみな様

ちぃみなさん、こんにちは!

そうなんですよ!ついに読んだんです~。
ぜんっぜんリアリティない漫画なのだけど、
そこがこのマンガの魅力ですよね。
茅島氏、本当に可愛い・・・。
私、無職は萎えなんですけど、茅島氏だけは許せます。
あの人は茅島家当主という仕事なのですよね。
(お父さんは外交官っぽかったけど)

> よく考えたら、付き合った後の話ばかりなので
> ハムコさんの好みに適合してましたね (o^^o)
そうなんですよ!ず~っとラブラブなのですごく楽しく読んでました!
付き合うまでは超スピードだけどwwそこがいいのw

庭師のビジュアルだけは日高さんの方が好きなんですが
麻々原さんの絵もとても合ってますよね。

> エロさにまで育ちの良さが出てるwww
私もあの庭師のモノローグすごく好きです。
素直に快楽を求めるのに恥じらいも少し残ってるとか最高!

> お屋敷内のこんなところでサカっちゃうの?
もし見られても誰も何も言わないんだろうなwww

> この話こそBLおとぎ話だから、全て中/出しでも、
> シーツの汚れや事後の処理は気にしません!
そうなんですよ、おとぎ話ですよね、まさに。
私もこの話ばかりはローションがどうとか言いませんよ~。
で、色々モロ出しじゃなくて良かったなとつくづく思います。


コメントありがとうございました♪

Edit | Reply |