【ヘブンリーホームシック】 京山あつき



【あらすじ】
“好き”だけで 触れたわけじゃない
「ねえ、オレら ゲイなの?」
イギリスで再会した 元同級生の太田と行貞。
ホームシックで参っていた2人は
足を絡め、腕を抱き、ひざ枕を許したり…。
その行為はしだいに心も侵食し、
互いに離れがたい存在になっていた。
ある夜、ベッドですり寄って来る行貞に
たまらなく愛しさがこみ上げた太田は、 強引にキスをして、
衝動のまま欲望を 押し付けるのだが――。
非日常に揺れる エロティック・異国ステイ。



試し読みはこちら

おすすめ度:★★★★★


電子配信始まりました!



京山あつきさんの今月2冊目の新刊です。
「すのーふれーくす」は思春期ものでしたけど、
こちらはリーマンラブです。

すごくほのぼのしみじみした表紙で、
内容も概ねそんな感じなのですが、
思ったよりずっとエロかったです。

帯にも「異国もどかしラブ」って書いてるんですが、
本当にもどかしくて、切なくて、エロい。
私はこういうお話、好きだな~。

オンブルーコミックスは装丁がお洒落で好きです。
カバー下と内表紙が連動している絵で素敵でした。


ざっくりした感想はこちら。


「ホームシックが距離をなくす」

「気持ちを測りかねるのがリアル」

「さみしさの魔法が解けたその後」


以下、ネタバレありの感想です。





「ホームシックが距離をなくす」

イギリスで再会した元同級生の二人。
二人ともホームシックで参っていたので急速に仲良くなります。
その関係の濃さは普通ではありえないです。

何でも顔に出る太田に比べて、
飄々とした行貞の方が実は寂しがりやで、
度を越したスキンシップをするところが
ちょっとドキドキしたりハラハラしたり。

そんな二人がついに一線を越えてしまうところは
見ちゃいけないものを見た感がすごかったです。
行貞のお尻、真っ白なんだもん・・・

普段はヘタレ気味な太田が意外と肉食で
挿入を断られたら問答無用で口に突っ込んできて
ちょっとびっくらこきました。ひどいよ。


その後、お返しのフェラをしながら

どう?天国みたいだろ?ユキサダ 天国みたいだろ?

って言うので、えっ、「ヘブンリー」ってこれ?と思いました。
でも自分と同じように気持ちよくさせてあげようという
気持ちは好きだな~、って思いました。



「気持ちを測りかねるのがリアル」

お互いノンケだったはずの二人なので、
すんなりカップルになれるわけではありません。

会いたいけれど、愛おしいけれど、
「スキ」かどうかは分からない。
でも会ってしまったらまた寝てしまう。
だけど、やっぱり会いたい。

このあたりのもどかしさがたまらなくリアルで!
色々と探りながらのエッチがいやらしくて!


「ねえ、オレら ゲイなの?」と言いながらも、
ゲイかどうかはどうでもよくなって、
とにかくお互いが好きで一つになりたい、という
初挿入シーンがすごく印象的でした。萌えた。




「さみしさの魔法が解けたその後」

最終話で二人で休みを取って帰国します。
二人の関係は「さみしさ」が魔法をかけたようなもので、
日本に帰ったら無くなってしまうんじゃないか・・・

そんな行貞の不安は全くの杞憂で
お互いさらにメロメロでラブラブで
そのバカップルぶりがすご~く可愛かったです!

最後の雨のプロポーズも萌えました。

描き下ろしも可愛かったですけど、肝心の
「このあとめちゃめちゃセックスした」
が一コマで終わったのはちょっと残念・・・。



ところで、語学力の問題なのか、
英語だとすごく直球になるんですよね。

男に言い寄られた行貞が
「オレのチンコは小さい」
「尻の穴には何も入らない」

って撃退するのが笑えましたwww
言われた相手のぽかんとした顔がまたwww



ここまで読んで下さってありがとうございました。
いつも応援ありがとうございます(^v^)
ポチっとしてもらえると喜びます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
        

Tag:★5

COMMENT 4

ちぃみな  2015, 06. 08 [Mon] 18:58

色々衝撃

ハムコさん こんばんは〜

「ヘブンリーホームシック」読みました。

なんだか色々衝撃でした・・・。
まず、京山さん三冊しか読んでないのですが
最初に読んだのがアレだったので、
「すのーふれーくす」は変わった主人公がいたのでまだしも
こちらの作品は、ほんと衝撃的にシリアスだった。。

読んでいて、胸がきゅーっと痛くなりました (T_T)
(あっ、でもアレでも涙出そうになったんだったw)
全編、ビクビクしながら
息を詰めるようにして読んでいたと思います。

だって、ホームシックで寂しいからって、ノンケ同士なのに
イマイチ合意じゃない感じで体重ねちゃって(衝撃2)
しかも、無理矢理フェラって酷過ぎる(衝撃3)
なのに、次に会っても、好きとか考えてなかったとか(衝撃4)
こんなんで上手く行くの??ってハラハラ・・・。

異国で辛い思いをして、
周囲の外国人に対して臆病になってる二人の気持ちが
ダイレクトに伝わって来るのも、ビクビクに拍車をかけました。

そんなですから、最終話の日本でのお話を読んで
心底ホッとしました・・・。
BLだから大丈夫とは思っていたけど
ひょっとして、冷めちゃう?とか心配してたよ。。

電車で【遠い場所】に行って、ホテルでイチャイチャとか
萌えすぎる・・・( ̄ー ̄)ウットリ
知り合いに見られないようにって意図なんでしょうが
地元が同じカップルの里帰り実話って感じで
すっごい微笑ましい。
こういう、ちょっとリアルな小ネタは萌えるな〜。

BLは基本ファンタジーなんですけど
ちょっとしたリアルが挟まれて来ると特に萌えます!

では、また♪

Edit | Reply | 

ハムコ  2015, 06. 08 [Mon] 21:15

>ちぃみな様

ちぃみなさん、こんばんは!

これ良かったですよね~。私、京山さんで一番好きかも。

> なんだか色々衝撃でした・・・。
> まず、京山さん三冊しか読んでないのですが
「聞こえない声」三部作はまだなんですね?
私はあれから読んだから、その後いろいろショックでしたw
私が読んだ中ではこれが一番読みやすい気がします。

他のはとんでも設定のが多かったけど、
これはすごくリアルですもんね。
その状況にはなったことなくても、
心情がすごくリアルに感じて、だからこそハラハラ。

> そんなですから、最終話の日本でのお話を読んで
> 心底ホッとしました・・・。
行貞の懸念が分かりすぎました。
でもハッピーエンドでよかったです。
あのホテルのいちゃいちゃエロものすごく萌えましたよね!

> BLは基本ファンタジーなんですけど
> ちょっとしたリアルが挟まれて来ると特に萌えます!
この作品はリアル寄りだけど、ファンタジー成分がちょうどよくて
幸せな気持ちになれましたね!
京山さんの新作が今から楽しみです。

コメントありがとうございました♪

Edit | Reply | 

マッギー  2016, 11. 07 [Mon] 12:24

大好きですこの作品

ハムコさんこんにちは
京山あつき先生の本は野球三部作が良くって、電子書籍は全買いしたんですが、その中で、何度も読み返しのがこれです。
ハムコさんの評価も高くて嬉しいです。
この話の気の優しい攻めのグイグイ感、大好きです。
攻めが、いくらお互いホームシックで寂しいからって、男2人くっついて眠ることに疑問を持ちつつ、ホモじゃないのにと思いつつ、ある日ムラムラの頂点に達して眠る受けに無言で襲いかかる。
グッとくるエロシーンの始まりでリアルぽくて赤面ものです。
また、
すれ違いのあとの、受けの「お前と寝たいんだけど(普通に眠るの意味)」の言葉を、攻めが一段飛ばしで受け止めて、それまで、もう触らないから許してくれ〜と遠慮がちだったのに、また無言でグイグイいっちゃうのがたまらないです。
コンスタントにエロいラブラブシーンが入ってて、満足のいく一冊でした。
これを読んでしまうと、他の京山先生の作品は少し淡白に感じちゃいます。

Edit | Reply | 

ハムコ  2016, 11. 07 [Mon] 22:04

>マッギー様

マッギーさん、こんばんは!

私も京山さんではこの作品が一番好きです~。
(・∀・)人(・∀・)ナカーマ

異国でホームシックという特別な状況の中で
戸惑いながら距離を縮めていくのが好き。
葛藤もきちんと描いているので、
一層エロシーンの背徳感が上がりますよね~。

今onBLUEで連載中のお話も好きなので
一冊にまとまるのを楽しみにしてます。
大人の話が好きなのです(^^)

コメントありがとうございました♪

Edit | Reply |