【グッドモーニング】 夏水りつ


グッドモーニング (ミリオンコミックス Hertz Series 102)

【あらすじ】
ある朝、林は裸で男と寝ていた。
しかも、相手は取引先の担当で「ホモ」噂の篠原だ。
酔っ払って記憶のない林は、
篠原に関係を持ったと聞かされ激しく動揺する。
しかし、それは篠原のついた嘘だった。
いつも冷静でどこか妖しい雰囲気を持つ篠原が、
赤くなったり泣いたり怒ったり忙しい。
林は普段とは違う篠原が妙に可愛く思えてしまって・・・!?



おすすめ度:★★★★★

試し読みはこちら

グッドモーニング

グッドモーニング

グッドモーニング




『恋してほしい』で私の中の夏水熱が盛り上がってるので、
私が一番最初に読んで、一番好きな夏水作品のご紹介。
久しぶりに読んでもやっぱり萌えました。

リーマン・美人受け・ガタイのいい攻め
と、私の好みの要素が詰まった一冊です。

表題作の他、『メロンパン』シリーズも同時収録。
どっちもリーマン物です!(大好き)



ざっくりした感想はこちら。


「大人っぽい美人受け」

「無神経なノンケもいい」

「言い合いが恋になる瞬間」


以下、ネタバレありの感想です。




「大人っぽい美人受け」

夏水さんの漫画はいかにも王道BLで
ガタイがよく強引な攻め×健気で泣き虫な受け
の組み合わせが多くて、これも例にもれずそうです。

そして受けが幼く見えたりする場合も多いのですが、
この作品の篠原はちゃんと大人っぽい美人。
それが私的にはツボでした。

いつもの体格差が大きいカップルも好きだけど、
ちゃんと二人とも大人なリーマンなのが本当に好き。

あとね~、何気に一重なのも好きなんですよね~。
目元がすっきりしててクールに見えます。

そんなクールに見える篠原が見せる
赤面&泣き顔は鉄板で萌えます。

夏水さんって赤面する瞬間を描くのが
ものすごく上手いですよね。


その赤面顔を見てドキッとする気持ちがすごく分かります。




「無神経なノンケもいい」

林はノンケでホモには抵抗があります。
ホモじゃないホモじゃないと言いながら
篠原の健気さにやられていくんですが、
それまでがかなり無神経発言満載。

ここら辺はかなり賛否両論かもしれないなぁ・・・。

でも私は、ノンケだからこその無神経な態度は
(ノд`)アチャー とは思いつつも
結構リアルな反応じゃないかな~と思いました。

「胸板が厚くて素敵」って言われて引く気持ちは分かる・・・。

そんな完全ノンケが陥落していく様がドキドキしました。
いや~、エロシーンがめっちゃエロくてですね・・・。

ちょっとSっ気入った強引さが素敵です。
ボタンはじけるぐらい強引に脱がすのとか、
言葉責めしつつの乳首責めとか。
特に描き下ろしのイラマチオがすごく好き。




「言い合いが恋になる瞬間」

会社の同期同士の話、『メロンパン戦争』。
ポンポン言い合いしてる様子が微笑ましいです。

それまでの会話は別に恋愛っぽくないのに
ふっと受けが赤面するタイミングが絶妙
自然と恋愛モードに変わってドキッとします。

でもこのお話で好きだったのは
受けよりも攻めの赤面・・・!


うっかり告白しそうになってあわてて誤魔化して
「・・・・・・うるせ」
って赤面した攻めにすっごく萌えました・・・。

続編の『メロンパン同盟』の初エッチ話も可愛かったな~。
ちょっとヘタレ攻めですよね。好き。




どっちのお話も大好きなリーマン物かつ
王道BLでキュンとして幸せな気持ちになれました。
夏水さんの作品は少女漫画好きな方は
大体好きになるんじゃないかな・・・。



古い作品で人気のある作品なので
既読の方が多いと思いますが、
もし未読の方がいらしたら一度お試しください!




ここまで読んでくださってありがとうございました。
いつも応援ありがとうございます(^v^)
ポチっとしてもらえると喜びます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事

BLも対象!ひかりTVブック30%オフクーポン(8/20まで)
        

Tag:★5

COMMENT 0