【five senses】 桃子すいか


five senses (フルールコミックス)

【あらすじ】
「試しにさ、脱いでくれる」

ヒモとして暮らしている美大講師・隅恵輔が、
パトロンとのセックスの間にも考えていること。
それは、15歳も年下の男・“しろ"を描くことだ。
一方、“人を描けない"美大生のしろも、
躰を這い回るような隅の視線を浴びている内に、
ほの暗い欲望が、自分の中で膨らんでいくのを感じ――…。

ノンケの講師×人が描けない美大生、
夢の中で後輩に何度も犯される研究者、
テレフォンセックスにハマる男…
5種の官能が交じり合うエロティック・オムニバス!!

描きおろし1話分収録。



おすすめ度:★★★★

試し読みはこちら

電子書籍も同時配信です。

レンタの特典はカラー4コマ1Pと
見開きのカラーイラストです。


桃子すいかさんのデビューコミックスは
キラッキラなピュアラブだったので
てっきりエロも大人も描かない作家さんかと
思っていたんですが…

とっても大人っぽくて官能的。


五感をテーマにした淫靡なオムニバスです。
どのお話もしっとり官能的でした。
いや~、桃子さんのエロ好きだわ!




~気になるtnk修正情報~

レンタで読みました。
基本的に描かない方針で、たまにうっすら輪郭。
無粋な白抜きはなかったです。



以下、ネタバレありの各短編の感想と
総合しての感想です。






■鉛筆とダイヤモンド(視覚・触覚)

ヒモ美術講師×人が描けない美大生。
このお話が一番長いのでメインになるのかな。

美大生・しろをモデルに絵を描く先生。
もうね、これ、もはや視姦プレイ。

粒子を絵の具にして塗りたくりたいとか
遺灰からダイヤモンドを作ってみたいとか
好きだとか一言も言ってなくても
全てが欲しいって言ってるのと同じこと!

絵を描いてるシーンは総じてエロかったですが
見る→触るに移行するのは最後の最後。
これがあっさり行かないのがまたよかった。

そんでもってエロシーンも視姦プレイ入り
これがまたよかったんですよね~w

とてもエロティックでよかったんですけど…
ルリコさんの存在がちょっと微妙かなぁ…
エロシーン、生々しすぎやしないかw
乳首のでかさが熟女っぽくてイヤンだったw



■コール ミー メイビー (聴覚)

いい声の男とテレフォンセックス。
これがまたすごくエロかった…。

テレフォンセックスにハマり過ぎて
ついには色んな人の声に欲情するように。
この妄想がめっちゃエロいんですよね~。

ラストがくすっと笑わせられました。
この後ネタばらしあったのかな?



■夢現 (嗅覚)

夢の中で夜な夜な後輩に犯される話。
このお話が一番好きだった!

まず、いい身体した男が犯されるのが
すっごくツボ
だったんです!!
桃子すいかさん、こんないい身体描くんだな~。

そんでもって妄想部分、めっちゃエロいの…。
tnkがもろに出てくることはほぼないんですが
その方が想像を掻き立ててとてもいい!

陰毛がちょっとリアルなのがまたいいの…。

だんだん現実との境目が分からなくなるのが
読み手の方もぞっとしてしまいます。
生真面目な主人公が徐々に
壊れて行くさまにドキドキしました。

エロばっかりじゃなくて、
うっすら恋の部分も匂わせるのが
色っぽくて好きだったな~。




■おいしい時間 (味覚)

『鉛筆とダイヤモンド』の二人のその後。
一緒に買い物行ってご飯作って
食事する、ほっこり幸せな話。

ノンケがゲイ(バイ)にフェラする話好き!
どんどんおやりなさい。






全体的にちょっとほの暗くて官能的。
とても色っぽい一冊でした。

メインカプの『鉛筆とダイヤモンド』
面白かったんですけども・・・

ちょっとルリコさんが出張ってきたところと、
藤たまきさんの『アナトミア』っぽいところが
ちょっと気にかかってしまいました。

アナトミア

アナトミア


いや、お話は似てないんですけども。
モチーフが似てるなぁって。




しかし、桃子さんのエロ、好みだな~。
前作のキラキラも良かったけど、
私は次もエロい話が読みたい。


でも・・・前作キャラでこのエロが見たいとは思わない…
あの子たちはあのままでいて欲しいと言う矛盾。

雨だれの頃

雨だれの頃

雨だれの頃







ここまで読んで下さってありがとうございました。
いつも応援ありがとうございます(^v^)
ポチっとしてもらえると喜びます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事

BLも対象!ひかりTVブック30%オフクーポン(8/20まで)
        

Tag:★4

COMMENT 2

tea  2016, 03. 21 [Mon] 20:20

読みました!

ハムコさん

一輪挿しの筆にきゅぅぅぅっと切なくなりました。
先生が視覚、しろ君が触覚とも読めるなぁと思いました。
目を蟻にして見る先生の舐めるような視線を、しろ君は触られているように感じていたり。
美しさを目で見るダイヤモンドがいいという先生に対し、鉛筆になって絵になりたいというしろ君からは、白い紙に触れる混ざる、ひとつになって目に見える絵となっていく体温のようなものを想像しました。
暖房きいてなさそうなアトリエの空気の雰囲気あっていいな。って思いました。
・・ルリコさんは、キャラはいいんですけど、現実引き戻されてしんどいですね。彼女が最初に見た「いい絵」ってどんなかなぁ。って思います。

私、紙でよんだのですが、テレフォンのふたりのネタばらしあいカバー下にありましたよ!
あと、固有名詞は色の名前からです。と。ほほぅ!!

三話目。好きです!
なんともいえない、読後感でした。
最後の一ページ好き。
えろいんですが、それ以上に怖かった(個人的感想です)
何度か読み返してぐるぐるしてます。
香りが煙草だけでないのもよかった。

ほわぁっとした画柄なのにえろえろ・・初読み作家さんなのですが、
前作はピュアなんですね!
そちらも読んでみます!!

Edit | Reply | 

ハムコ  2016, 03. 21 [Mon] 23:09

>tea様

teaさん、こちらにもありがとうございます!

> 先生が視覚、しろ君が触覚とも読めるなぁと思いました。

なるほど、そうかも。後半しろ君視点でしたしね!
ダイヤモンドと鉛筆もなるほど~!でしたよね。
先生が触りたがってると思ってたけど、
しろ君がより触りたがってたのかも。

ルリコさんはいい人なのかどうなのかよくわからないし
OPPAIがすごく気になってしまってwww

> 私、紙でよんだのですが、テレフォンのふたりのネタばらしあいカバー下にありましたよ!

あ、電子でもこれは収録されてました。そうだったそうだったw

> えろいんですが、それ以上に怖かった(個人的感想です)

わかります~。何が本当か読み手にも分からない。
それがいいんですけどね…。

> 前作はピュアなんですね!
> そちらも読んでみます!!

前作もとても評判が良かったので
ピュアな高校生がお好きならぜひ。

コメントありがとうございました♪

Edit | Reply |