【花椿秘恋唄~100年先まで~】 梨花チマキ


花椿秘恋唄 ~100年先まで~ (ボーイズDuOセレクション)

【あらすじ】
時は江戸時代、入れ墨彫り師・桐生(きりゅう)の夢は、みんなに喜ばれる美しい浮世絵を描くこと。そんな桐生に、ある日、一晩百両の超売れっ子男花魁・白鷺(しらさぎ)に刺青を彫る仕事が舞い込む。白鷺の夢は愛する人と添い遂げること。同じ時を過ごすうちに、次第に深い仲になっていく二人だったが、ただ生きることさえ難しい時代の中、二人の想いはままならず……。



おすすめ度:★★★★

試し読みはこちら↓




男花魁×刺青師のお話。
リバだと教えていただいて読みました。
(ありがとうございます!)

江戸時代・陰間・彫師・リバ・転生物など
色んな要素がモリモリ詰まったBLです。
死ネタが苦手な方は注意。
読後感は優しいと思いますが。



~気になるtnk修正情報~

レンタで読みました。
基本真っ白、たまにモザイクw



ざっくりした感想はこちら。


「優しい人の悲しい物語」

「やっぱりリバはいい」

「ちょっと現代風過ぎる」


以下、ネタバレありの感想です。





「優しい人の悲しい物語」

入れ墨彫師の桐生が男花魁の白鷺と
出会い、意気投合し、恋に落ち…
そして今生の別れまでを描いた物語です。

私、わりと花魁物も好きなので、ワクワクしました。
花宵道中 1 (小学館文庫)
斉木 久美子
小学館 (2015-08-06)
売り上げランキング: 890,669
↑花魁と言えば、これ面白いですよね~。

このマンガはあんまり花魁っぽくはなかった。
(男花魁だからそりゃそうか)

二人とも今の仕事に不満を抱えながらも、
未だ幸せを夢見ているという共通点もあり、
年も近い二人はすぐ仲が良くなります。

特に白鷺の「いつか恋人と添い遂げたい」
という夢は可愛らしいなって思いました。
あの仕事じゃそんな夢見れそうにないのに…。

これはひょっとしたら、陰間茶屋の
おかみさんが優しいからかもしれないです。
あのおかみさん、地味にいい人で好きだったw

そんな幸せな時間はほんのわずかで、
病魔に侵された白鷺は悲しい最期となります。

でも、白鷺のおかげで絵師の夢を叶えた桐生は
その筆で美しかった白鷺の姿を
100年先も残しておくことが出来るのです。


でも…白鷺の最期、悲し過ぎますよね…
死に目に会えずとも死に顔もみられず
近所の人に埋められちゃう
って…

「腐ったら臭いから」って言う幼女が
無邪気なだけにキツかったです。
(でもお父さん修羅場だったな…)





「やっぱりリバはいい」

普段お客に抱かれている白鷺が
桐生とするときは攻め!
これが良かったんですよね~。
美人受けキャラの攻め顔イイネ!

お客にはしらっと抱かれてる白鷺が
桐生を抱くときは必死そうなのも◎です。

物語の終盤でついにリバ。
「一度だけでもいいから」と言う白鷺に
「一度だけとか言ってんじゃねえよ…!」
という桐生の返し、好きです。

桐生が白鷺の攻め顔にも受け顔にも
ドキッとしてるのも良かったな~。
リバって色んな顔が見られるのが
いいところだと思うんです。






「ちょっと現代風過ぎる」

この物語、時代物でもあり、転生物でもあります。
今生は悲しい結末だったのですが
来世では幸せそうな様子が描かれていて、
そこで救済されるかなと。

時々現代の様子がカットインされるため、
生まれ変わった姿がすぐ分かるようにでしょうが
江戸時代とは思えない二人の見た目と
言動はかなり気にかかりました。


ちょっと現代に見た目寄せ過ぎかなぁ…。
漫画だし、月代剃れとは言わないけども、
もうちょっと髪型何とかならないものか。

一番え~!と思ったのは絵の師匠w
格闘ゲームに出てきそうなキャラデザ…。

時代物に浸りたかったので、そこは悲しかったです。
あと、ふんどしもなかった。(どうでもいい)

転生後、桐生がお医者さんになっててびっくり!
(そんなに頭よさそうに思えなかった←失礼)
白鷺を助けられなかったからでしょうね。

あの二人だけじゃなくてネコもちゃんと
転生してきて微笑ましかったです。
今度こそ白鷺の夢を叶えて欲しいですね。






要素がいっぱい詰まっててお得感がありました。
ただ、時代物を期待するとちょっと違うかな…。
逆に時代物苦手な人には読みやすいかも。

エロは結構多めだと思うし、
描写も露骨めだと思います。
けど、エロさはあんまり感じませんでした。
それよりも眩しさと切なさが勝ちました。

普段TLも描かれてる作家さんなんですね!
そう言えばそんな感じの絵柄かもしれないな…。

とにかく、リバは楽しかったです。
意味のあるいいリバだった。




ところで、陰間茶屋って遊郭より高級なんですね!
位の高い人たちの嗜みなのだそうです。




ここまで読んで下さってありがとうございました。
いつも応援ありがとうございます(^v^)

ポチっとしてもらえると喜びます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

        

Tag:★4

COMMENT 4

-  2016, 04. 12 [Tue] 12:19

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

ハムコ  2016, 04. 13 [Wed] 11:14

>鍵コメご返信 かずき様

かずきさん、こんにちは!
コメント返信遅くなってすみませんm(__)m

こちらこそ素敵なリバをご紹介いただいてありがとうございました!

リバ、私は大好きなんですけど
結構地雷な方もいらっしゃるので
なかなか主流にはならないですね・・・。
私もせっかくならどっちも楽しめばいいと思います。

白鷺、せめて埋葬はちゃんとしてあげたかったですよね。
その辺に適当に埋められてる…
いや、埋めてくれただけで親切なんですけども…

鍵付きのキャビネット素敵ですね!
ご主人、黙認してくれて優しい~!
電子こそ修正甘くていいと思うんですけど…
クレジットカードで認証とかで。駄目かなぁ。

コメントありがとうございました♪

Edit | Reply | 

tea  2016, 04. 13 [Wed] 22:36

読みました!

ハムコさん

他所でも高評価を目にして、試し読みもして、
現世と転生後のクロスオーバーとかどうなってるんだろう・・・と興味がでて、買ってみました。
あ。あと、リバですよ!ということでしたのでww
結果ですね、全然集中できなかったんですよ((+_+))
時代ものと思っちゃだめ。と、念頭に置いて読んだのですが、
寛保五年、って具体的に出すんだ!?・・って寛保は四年で改元されていますけど、五年があったら・・というファンタジーなの??
というややこしいパニックに陥り・・(年号については気になったので調べました)
病気ネタも死ネタも苦手じゃないんですが、
結核って空気感染するほど強い菌じゃないですか。あんだけズコバコやってれば、桐生も数年で死にます。よ???
白鷺は「どうせなら梅毒で死にたかった」と言いますけどマジですか?
と。鼻が落ちる、皮膚が溶ける、という外見もですが、最期は脳が侵されますから狂い死にですよ・・・??ちょっとひきました。
キャラの個性は良いと思うしエピソードもいいと思うんです。
じゃあ、もうエロ&リバだけを堪能しよう、そうしよう!!
と開き直って再読したんですが、
・・・やっぱり、「こんだけヤッてたら感染するよなぁ」という目でしか見れませんでした。
ちゅーの度に「あ、アウト~~」ってなっちゃいましたので。残念。
うつる病気だという認識があるのに、葛藤などなしに躊躇なく身体を重ねることにとても違和感を感じてしまったのだと思います。
色々と、もうちょっとのめりこんで読みたかったな・・という作品でした。
珍宝は紙でも真っ白です!・・私もふんどし欲しかったな・・・。
クローバーのエピもキュン要素だったんですが・・クローバーが日本に広まるのは明治以降です。と冷静に突っ込んでしまいました。あ~私の馬鹿・・。
お花、きれいに描いてらしたから。浸ってればよかったのに(´;ω;`)
でも読んでよかったです。ラストまでぐいぐい読めました。かなり冷静にですが(笑)



Edit | Reply | 

ハムコ  2016, 04. 14 [Thu] 07:19

>tea様

teaさん、おはようございます!

う~ん、わかりますwww
私も最初は時代物・花魁物!と思って喜んでたら、
あ、違うな…「っぽい」ものだな…と言うのに気付き
あんまり突っ込まないようにして読みました。
日本っぽい江戸時代っぽいどこか。そして結核っぽい何か…w

そう考えると惜しいですよね~。

> 珍宝は紙でも真っ白です!・・私もふんどし欲しかったな・・・。

珍宝www珍宝いいですねwww
着物もね~、もうちょっとアレですよね…w
でも一生懸命その辺は心にふたをしました。

正直テーマが壮大過ぎて手に余った印象も…
でも私はリバ愛好会としてリバは評価したいと思います!

コメントありがとうございました♪

Edit | Reply |