【カレは男とシたことない。】 都陽子


カレは男とシたことない。 (onBLUEコミックス)

【あらすじ】
平凡なリーマン・美園幸雄(みそのゆきお)は
姉の結婚で、元同級生・市原聖(いちはらひじり)と親戚になった。
聖は、義兄の〝弟〟であるはずが、
女子にしか見えない〝オカマちゃん〟になっており、
幸雄は一緒にいるとドキドキしてしまう。
ある日、酒の勢いでキスをしてしまった2人は、
その先の関係を意識し始め――。

大ヒット婚活ラブ[カレは女とシたことない。]の弟BL、ついに登場!



おすすめ度:★★★

試し読みはこちら


電子書籍配信始まりました。




『カレは女とシたことない。』(非BL)の巻末の
弟’SのちょっとBLが本当に実現しました!

カレは男

装丁もスピン元とそっくりです。

スピン元の姉夫婦はほぼ出てきませんが、
どちらかというとスピン元を読んでから
読んだ方が楽しめるかもしれないな、
と思いました。



~気になるtnk修正情報~

紙で読みました。
ボンヤリtnkで修正はなし。




ざっくりした感想はこちら。


「恋した過程が分からない」

「葛藤部分が丁寧」

「村上くんがいいキャラしてる」


以下、ネタバレありの感想です。




「恋した過程が分からない」

これ、最初は「スピン元読まなくても読める」って
思ったけど、やっぱり読んだ方がいいかも。

何で美園のことが好きなのか
私は全然共感できなかった。


でもよく思い出してみたら私、
スピン元を読んだ時は弟いい子だな~、
って確かに思ってたのです。
(高校時代のエピソードが載っていた)

美園のいいところ、この本だけでは
私にはよく分からなかった…。


そして、ノンケである美園がいつから
男である聖に恋愛感情を持ったのか。
確かスピン元ではそこまで行ってなかったはず…
…あらすじ読んだらキスしたところからでした!
(読解力が欲しい…)

つまり、この本には恋する過程はなくて、
恋愛に至ってからのところから始まる。

そう言う感じでしたね。

私は恋愛の過程を見て一緒に恋したいんだよな~。
「好き」って最初から言われても、共感難しい。




「葛藤部分が丁寧」

見た目がガチで女の子な聖。
前作では心は女の子なのかなと思ってました。
だとするとそれはBLって言えるのかな…?

でも違うんですね。
愛されるための見た目を追求したら
こうなったと言うだけで、心は男なのです。

で、美園はノンケなので、
聖の女の子っぽい見た目に最初は惹かれます。
当然です。聖がそう持っていったのだから。

でも本当は、性別関係なく愛して欲しい。

このあたりの葛藤が丁寧に描かれていました。

そこらの女よりずっと綺麗でも、
その普通の男と付き合うのだって
大難関なんだよ

と言うモノローグは物悲しかったし、

本物の女の子に勝てるとこなんて
こんなところしかないし

と、フェラを頑張るのも痛々しかった。

美園の対応も実にリアルで、
ノンケの男が可愛い男の娘と恋愛したら
こういう風になっちゃうんだろうな~という
かっこ悪さでした。




「村上くんがいいキャラしてる」

美園と聖の同級生の村上くん。
彼はデブだけどいいキャラしてました!
何だか分からないけど自信満々で
結構いい事言うんですよね!


「全部受け入れようとしない方がいい」
は金言だな~!って思いました。
これは男同士とか関係なく、
全人間関係に通用するいい話でした。


お互い話し合って妥協点を見つけて行く、
それはすごく大事なことですよね。

BLだと相手のコンプレックスを
全て包み込んじゃうスパダリ的な攻めが
主流なのかもしれないけど…
それが理想なのかもしれないけど…
実際難しいもんな~~~。





ラストのエロは男の姿だったので、
そっちの方が好きだから嬉しかったです。
思いの外ちゃんとエロあった!!

お話は葛藤部分がしっかりあって読み応えありました。
ただその分物悲しい気持ちになってしまった…。
私は好きになったエピソードをもっと盛って欲しかった。

と言うわけで面白くはあったけど、
萌えたのかと言うとNOです。

描き下ろしでようやく姉夫婦が登場して
亜希子のサバサバさに何だか笑っちゃいましたw
たかちゃん…ファイト!
(まだセックスレスですか?)

私、前作の市原兄が一番好きだな~。
(まったくもってBLじゃない)



ところで、アニメイト特典ペーパー。
幸雄の方から迫ってくるのにドキドキするの、
それは分かるな~って思いました。
あの不器用さが逆に萌えるんだよね。




ここまで読んで下さってありがとうございました。
いつも応援ありがとうございます(^v^)
ポチっとしてもらえると喜びます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

        

Tag:★3

COMMENT 0