【パパは先生と×××シたい。】 松基羊


パパは先生と×××シたい。 (ダリアコミックス)

【あらすじ】
えっちなパパ受けは好きですか?

冴えない保育士・七瀬は色気あふれるワケありなパパ・浩二とその子供・鉄となりゆきで一緒に暮らす事に。
お水の仕事をしている浩二に最初は不信感を募らせていた七瀬だが、優しい浩二の父性と美味しい朝ごはんにほだされていた。
そんなある日、七瀬は自慰の現場を浩二に見られてしまう。
日頃のお礼にといやらしく誘う浩二に劣情を感じた七瀬は、勢いでセックスしてしまい…!?
※本作品は、ダリアコミックスアンソロジー「雌お兄さん」収録の「パパは先生に知ってほしい。」を含む内容です。



おすすめ度:★★★★

試し読みはこちら↓


パパは先生と×××シたい。(コミックシーモア)
パパは先生と×××シたい。(ひかりTVブック)
パパは先生と×××シたい。(eBookJapan)

紙書籍と同時配信です!
電子特典はない模様。



松基羊さんの描く身体が好きなので買いました。
帰省のどさくさで書きそびれていたけど
今更ですが感想を書いておきます。

表紙からものすごくエロ本臭が漂ってますが
内容はそうでもなかった印象。

表題作の子連れBLはともかく、
あとの二つのお話はむしろエロ薄。

これを拍子抜けと思うかどうかで評価が割れそうです。




~気になるtnk修正情報~

レンタで読みました。
悲しくなるぐらい白抜き…。
いい白抜きと悪い白抜きがあるとしたら
確実に悪い白抜き。




ざっくりした感想はこちら。


「ほのぼの子連れBL時々エロ」

「和蝋燭の工房の話は珍しい」

「かけおちで恋に落ちる」


以下、ネタバレありの感想です。





「ほのぼの子連れBL時々エロ」

『パパは先生と×××シたい。』
『パパは先生に知ってほしい。』

表題作は2話+描き下ろしです。

あのエロい表紙を見て、
どんなドエロいことが起こるのかと思ったら、
基本ほのぼので時々エロって感じですね。

二話目は『雌お兄さん』に載ってただけあって
一話目よりエロいです。
自主的に裸エプロンな受け。


雌お兄さん

雌お兄さん



う~ん…実をいうと、このお話は
ノンケが落ちるのが早すぎるのと
子供の戸籍どうなってんの??
と言うことがめちゃくちゃ気になってしまい
あまり楽しめませんでした…w

あ、子供は可愛かったです。





「和蝋燭の工房の話は珍しい」

『たなごころの燈』は和蝋燭の工房の話。
表題作はあまり合わなかったのですが
こちらの話が一番好きでした!

就活失敗と失恋の愚痴を
お酒飲んでくだ巻いてたところに
一喝入れてくれた年上の人・要は
和蝋燭の絵付け職人だったのです。
珍しい設定ですね!

彼目当てに工房でバイトを始めた主人公・頼人。
あっさり振られて、要は工房からも去りますが、
その後のお話が好きなんです。

芯のない自分が
あの人に何を言える?


と、自分にできることを精いっぱいやって
相手にふさわしい男を目指すって展開が好き!

恋が人生も豊かにするのが理想的。

夢を目指して頑張っていたら、
全然別の道を歩んでいるのに
二人の道がまた交差してくるというのが面白いです。


実は冒頭の頼人がクダを巻いてる姿は
過去の要の姿でもあったんですね。
今度は逆に頼人の若さに要が正されます。

しかし、いいお話だけど恋愛…かな…?

と思ったら描き下ろしでエロあった~!!
しかもトコロテン!
初エッチなのに素質ある!!





「かけおちで恋に落ちる」

彼女と駆け落ちしようとしたけど
本気にされなくて笑い飛ばされた主人公。
代打で親友を呼び出して一緒にかけおちしてもらいます。

まあ、かけおちという名の単なる遠出なのですが…
(全然お金持ってないので遠くに行けない)

DK同士がわいわい楽しく遊んでる姿が
ひたすら微笑ましいのですが、
実は親友の方は主人公が好きなので、
ところどころ切ないのです。


深い意味もなく好意を伝えてくる主人公に
こっそり照れる親友がいじらしい。

ごく普通の男の子な主人公に
一旦は振られてしまうのですが、
リベンジ来たときはこっちもガッツポーズ!

描き下ろしもピュアで良かったです。
あ、エロはフェラぐらいです。
二重の意味で切ない。





正直、表題作になるとは思っていない作品でした…!
(あとがきより)



だそうですが、私も同じことを思いました。
多分、インパクト勝負かな?

タイトルと表紙がエロ推し過ぎて中身と合ってなく
正直逆効果だなと思いましたが…
お話自体は面白かったです。

私は『たなごころの燈』が好きでしたが、
確かに地味ですよね…。地味好きだけど。

どのお話もちょっと駆け足だったのが残念。
今度は長編が読みたいなと思います。




ここまで読んでくださってありがとうございました。
いつも応援ありがとうございます(*^^*)
ポチっとしてもらえると喜びます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
        

Tag:★4

COMMENT 0